2001年よりドイツ在住、音楽大学/大学院卒業後今日もピアノ弾き・音楽院講師のON/OFFあれこれ。芋国ドタバタ日常・音楽・旅・ラン・食を中心にpiano piano(ぼちぼち)更新、お気軽にコメントをどうぞ。


by maya-on

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
芋国の日常
maya-ONモード - しごと
もぐもぐ - そとごはん
わいわい - うちごはん
旅 - Bella Italia
旅 - フランス
旅 - 芋国を再発見
旅 - 日本・アジア
旅 - 情熱のスペイン
旅 - オランダ
旅 - オーストリア
旅 - スイス
旅 - イギリス
走るピアノ弾き
おしゃれあれこれ
おいしいレシピ
気に入りのモノたち
BENTOプロジェクト
観る・聴く・読む・感じる
門前修行中カメラ小僧
ご挨拶/about MAYA
未分類

最新の記事

ようこそ
at 2016-10-04 19:58
黒い森・鱒散歩
at 2016-05-22 17:03
桜咲く日本へ〜広島
at 2016-04-13 17:04
近頃の癒しアイテム
at 2016-03-04 18:48
2月の記録-ひたすら日常
at 2016-02-25 18:02

以前の記事

2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

最新のコメント

Yoku1210さん ..
by maya-on at 20:00
ん~~~感動!!早く会い..
by Yoku1210 at 05:15
Naoさん そうですー!
by maya-on at 02:07
もしや I子さんママにな..
by Nao at 07:54
Naoさん ぎゃーほん..
by maya-on at 02:34
出だし遅すぎやわ。1月末..
by Nao at 05:56
Naoさん 本当にそう..
by maya-on at 20:03
ほんまにねー。フランスが..
by Nao at 05:09
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:14
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:10

フォロー中のブログ

SEKAI NO WAT...
フィレンツェ田舎生活便り2
がびあーの家の毎日
little thing...
laboratorio ...
Il cielo e' ...
日々是日記 -まいにちの...

外部リンク

最新のトラックバック

シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..

検索

タグ

(46)
(39)
(37)
(20)
(17)
(16)
(16)
(14)
(13)
(12)

ライフログ

メモ帳

ブログパーツ

Desknet'sの基本操作方法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

カテゴリ:旅 - オランダ( 7 )

アムステルダム〜まとめ

b0221071_818248.jpg



師走も間近、クリスマスマーケットも始まりそろそろ秋休みの思い出もまとめないとね。
ということで無理やりアムステルダム最終回です。
書きたいこと、感じたことはまだまだあれど。

初めて訪れる国や場所はやはり何をとっても新鮮ですね。
これだから旅はやめられんですなぁ。


b0221071_8184389.jpg



アムステルダムの美術館でもう一つ印象深かったのが、Hermitage Amsterdam(エルミタージュ アムステルダム)。
ロシアはサンクトペテルブルクにあるエルミタージュの分館なんだそう。
長い間、老人介護施設として使われていた建物がリニューアルされた比較的新しい美術館で、約半年ごとに変わる企画展で成り立っているそうです。

この秋の企画展は、ゴーギャン、ボナールをはじめとするフランス画家グループ・ナビ派の作品を集めたもの。
印象派(自然の光をそのまま捉える)から一変し、感情や想像力を絵で表現しようと試みたナビ派は19世紀末〜20世紀初頭に活発な動きを見せたそう。

この美術館の展示で面白かったのは、この企画展に限ってのものだったのか否か分からないのだけれど、絵のテーマに沿った音楽が部屋の中にごく限られたボリュームで流れていたこと!

例えば宗教画っぽく描かれた絵の部屋にはハープとフルートのデュオ
ピアノがモティーフの絵のコーナーにはラフマニノフであろうピアノ曲

もちろん計算された音量で流れているので、その絵のコーナーから離れると聴こえなくなります。

絵画鑑賞を音でサポートって賛否両論あるんだろうなと想像しますが、個人的には絵のド素人として、音楽によって絵へのとっかかりを掴む道しるべをちょっと付けてもらえたように感じて楽しかった。
(連れは「なんや、音楽かかってると気散るわー」などと言っていたのでやはり感じ方は千差万別。)

エルミタージュ周辺も小さな跳ね橋などがかかっていたりしてゆっくり散歩にも良さそう。

企画展が変わって行くから何度訪れても楽しそうですね。
次回も来たい。

そもそも、レンブラントの有名な夜警などが収められている国立美術館には今回そもそも行けなかったんだった…
ますますまた戻ってこないとね。


b0221071_819381.jpg



早朝のアムステルダム中央駅ホームより日の出を臨む…

遠いと思い込んでいたオランダ、一日に1本ですが、地元の駅と乗り換えなしの直通特急も通っており、早ければ5時間で来られることを今回の旅で初めて知った…
うちからベルリン行くより早いやん。
そういうことが往々にしてある、これが欧州。


b0221071_8191966.jpg



こんなに国と国が近いのに、EUのお陰で行き来も簡単なのに、それでも全く損なわれない国民性というか国のアイデンティティーというか…凄いなと思います。
良い意味でも悪い意味でも周りに影響されない個人主義が根付いているのでしょうかね?

次はアムステルダム以外のオランダの他の街にも行ってみたいなぁ。

さて、今年も残すところ一ヶ月。
気持ちも一年の総まとめモードに切り替え、今年やり残した事あればやり切っちゃいましょう。
とりあえず健康面やな…要自己管理…(反省)。

皆様も良い週末を!
[PR]
by maya-on | 2013-11-29 19:18 | 旅 - オランダ | Comments(0)

Pompadour - Amsterdam

b0221071_751435.jpg



(またしても)やられました、ウイルスに・・・
週の真っ只中に突然体調が悪くなり、医者へ行けば週末まで仕事もドクターストップ。
ありがたく(?)大手を振って自宅療養させていただいております。
明日(日曜日)から通常営業だな。職場の年間発表会・・・願わくば今年はこれでもう元気になりたい・・・

などと考えつつ、美味しかったアムステルダムのケーキ屋さんに記憶をスライド。


b0221071_7512461.jpg



このパティスリーもシャレオツ界隈・9 Straatjesにあり、いつ覗いてもけっこうな混雑っぷり。
奥のスペースでイートインも出来るし、お持ち帰りで買いに訪れるお客様も多そうだった。
私たちはイートインで一度、そしてお土産用のトリュフを買いに再訪。
私の食べたこちらが相当ボンバスティックな一品で、ランチでお腹一杯になった状態での完食はちと苦しかったのだけれど・・・普通の胃袋の状態で来てたら間違いなくぺロリやろうな、というチョコレートとメレンゲのケーキ。
ビジュアルがまたドイツでは到底見かけることのない感じ・・・アヴァンギャルドにさえ見えます。


b0221071_7514319.jpg



トリュフやチョコレート、ヌガットなども丁寧に作られています。
お店の人も皆さんすこぶる感じよく、お試し用に「あれ一つ、これ一つ、そっち二つ、以上です」みたいな頼み方にも快く対応してくれて気持ち良くお買い物できました。
これって意外と旅先の気分左右するよねぇ。
ショッピングの途中、ほっと一息に。
パンケーキだけではありませぬ、アムステルダムスイーツ事情。


**********
Pompadour Amsterdam

Huidenstraat 12,
1016 ES Amsterdam

+31 20 623 9554

http://www.pompadour-amsterdam.nl/en
**********
[PR]
by maya-on | 2013-11-24 06:23 | 旅 - オランダ | Comments(0)

運河クルーズ

b0221071_8151997.jpg



アムステルダムでの数日間で三本の指に入る楽しさだった(当社比)アトラクション、

運河クルーズ。

滞在中、市内の交通機関が乗り放題になったり美術館の入場料がフリーになったりする観光カード「i Amsterdam card」なるものでいくつかあるクルーズ会社の一つが乗船フリーになるということで、意気揚々とGo!
水と名のつくものならなんだって好きなのです。
(ちなみに、アムステルダムは美術館などの入場料がアホみたいに高いので、数日滞在するならこのi Amsterdam cardはオススメ。)


b0221071_8153590.jpg



別にそこまで期待することなく乗船した運河クルーズでしたが、一時間みっちり、アムステルダムの歴史を説明してくれるガイドテープをそれぞれの言語で聞きながら街並みを運河側から眺めるのが楽しい。
何故かガイドテープの作りが夫婦漫才風で、ちょいちょい笑い取りにくるシナリオになってるんですが、日本語バージョンだけ笑いの部分カットされた真面目バージョンでしてね…他の乗客が笑ってるのに日本語バージョンは早々に説明が終わってたりしてしょうもないので、ドイツ語バージョンにスイッチ…

運河のそこここに見えるのは、上の写真のような船…っぽい、家。
そう、船じゃなくて正真正銘の家なんです。
陸地に場所がなくなったから、運河に船浮かべて住んでまお!というところから始まり、今でも立派に住居として成立しているそう。
ただ、昔と違い、昨今では新しく運河に住む許可は出されていないので、この昔ながらの運河上の小舟にお家を持っている人々はめちゃくちゃラッキー、宝くじ当選と同じくらいの財産価値を所有していることになるそう…
確かにロマンチックやけどね。
トイレは水洗なんやろうかとか、しょうもない邪念が入ります。


b0221071_8155226.jpg



私どもがクルーズに参加したのは夜6時のコースだったので、日もすっかり落ちて雰囲気たっぷり。
幻想的なムードにくらくらしますぜ。
アムステルダムで思ったのですが、オランダの家ってカーテンを引かない家が多いのだろうか?
煌々と灯りがともる運河沿いの家々の中身が船の中からばっちり見えるんですよ。
またどの家も「モデルハウスか?!」見まごうばかりの完璧なインテリア。
(あ、もしかしてわざとか?わざと見せてんのか?)

食卓で憩う家族の姿や、気持ち良さそうなカウチに座ってテレビを見る若い学生風の子、子供部屋の楽しい壁紙の色…
ほの暗い運河の船の中から、それぞれの窓に映る日常の切り取られたワンシーンを眺めていると、なんだかとてつもなく非日常の中に自分がいるような、映画のセットの中に入り込んでしまったような、奇妙なふわふわした気持ちになってくる。
眺めているのはいろんな人の日常そのものの風景なのにねぇ。面白い体験。


b0221071_8161173.jpg



アムステルダム市内には慢性的な土地不足という問題があり、実に市民の60%以上が単身者だそう。
そもそも、アムステルダムのあの独特な形の背高な建物、そのほとんどが単身者用に作られた小さな住居らしい。
そして、古くから貿易業が盛んで他国との交流が多かったオランダ、アムステルダムに住む人たちの国籍は200以上にも登るそう!ひゃーーー
(そもそも世界に200以上も国あったんや…って密かに思ったの私だけかな。嗚呼無知。)

自転車の数はアムステルダム市民の数とほぼ同じ割合、つまり基本一人一台チャリ所有。
中央駅の自転車置き場は3000台の自転車収容可能…

などと、アムステルダム小話・豆知識をまぁ惜しげも無く一時間、漫談調で聞かせていただきお腹一杯大満足。

水のある街ってやっぱり良いねぇ。
夜の運河クルーズ、星三つ072.gif072.gif072.gif
[PR]
by maya-on | 2013-11-19 00:08 | 旅 - オランダ | Comments(2)

チャリ天国オランダ

b0221071_8113536.jpg



ぐっと冷え込み、出張先に来たら道の端に雪が積もっている箇所があって「ひぃ…」ってつぶやいちゃいました、こんにちは。

秋休み終わったと思えばもう街中はクリスマスムード。考えてみればあと2週間もしないうつにクリスマスマーケットも開幕ですもんなぁ…時間過ぎるの早すぎ!

時間の流れに置いていかれないよう、オランダの記憶掘り起こします。


b0221071_8115754.jpg



オランダといえば風車とチューリップとか言われているけど、その認識を遥かに上回るインパクトで心に叩き込まれたのが

自転車多すぎやろ!!!!!

ドイツに来たての頃も自転車道が整備されてるのに驚いたけれど、本気でドイツを軽く凌ぐチャリ族の国。
自転車道があるのはもちろんのこと、下手したら自動車もちょっと遠慮して走っているくらい自転車メインで交通が成り立っている模様。


b0221071_8124622.jpg



例えばドイツだと、最優先されるのは歩行者。
歩行者マークのついている横断歩道で信号がないところでは自動車も自転車も歩行者優先で渡らせなければいけないのですが、
アムステルダムにてあまりにも危険すぎる猛スピードで真横をびゅんびゅん疾走する自転車が恐ろしくなって調べてみると、どうやらオランダのルールは「自転車最優先」らしいよ(もちろん自転車が決められた自転車道を走ることは原則として)?

ハァ…なるほど、だからこちら(歩行者)が優先されるものと思い込んで自転車道を横切ろうとしたりなんかすると、もんのすごい勢いでベル鳴らされて威嚇(?)されたりするんやぁ…
ベルももはや「ちりんちりん」とか言わへんし。「ヂャカヂャカヂャカ!!!!!」みたいなアグレッシブなやつやし。
すんごい豆粒くらいの大きさで見えてた自転車が2秒後に後ろからシャーーーッと自分の横走り抜けていくと肝冷えますなぁ。
そもそもチャリに生まれてこのかた乗ったこともないんじゃないか、と思われる都会っ子・グルメ親父Rは混乱の余り自転車が横を猛スピードで走り抜ける度、大きめのジェスチャーで「またチャリかい!」って突っ込んでた(笑)


b0221071_8135167.jpg



そして、自分仕様にカスタムされた自転車が多いのですよ!
ハイネケンの木箱を前かご用にリサイクルするとはオシャレやな。
こんなんだけじゃなく、普通にプラスチックのゴミ箱みたいなんを荷台としてカスタム装着しているやつもよく見かけた…

運河と自転車、とっても絵になる風景ですが、動いている自転車には皆さんもくれぐれもお気をつけて…
アウトバーンで人格が変わるといわれる芋国人のように、自転車のサドルにまたがると人格が豹変するオランダ人に遭遇する…かも。
[PR]
by maya-on | 2013-11-15 19:23 | 旅 - オランダ | Comments(2)

Toos en Roos - Amsterdam

b0221071_746547.jpg



さて、食いしん坊ばっかり集まれば、旅の最重要事項はやっぱりご飯。
オランダの食事情に戦々恐々としつつ(ファンキーなオランダ食事情レポートはYokoブログにて!再び丸投げ失敬。)、でもハイネケンビールあればとりあえずOK、と柔軟な気持ちで臨む。

De 9 Straatjesという物欲刺激されまくりの鼻血ブー界隈(数日後にもちろんここで財布の紐がスルリと緩んだ)で日曜日の昼にもやっている食事処を探すことしばらく、偶然にもこんな可愛いカフェ発見。
カフェとは言えど、ボリューミーなサンドウィッチやスープ、オムレツなど食事のメニュー充実。


b0221071_74625100.jpg



やはり泡部といたしましては、昼も夜も関係なく頼んじゃうよ、ビール。
ここのはベルギーのブランドのビールでした。
店内は狭いけれど、ウェイトレスの女の子もとっても感じが良く、温かい雰囲気。
そして旅全般でも感じたけれど、オランダ(アムステルダム)の人皆ほんまに英語話せる!


b0221071_7464565.jpg



ターキーハムにアヴォカドのオープンサンド
パンがまたふかふか且つもちもちで美味なんです!
おまけでちょっとついてきたかぼちゃのスープも良いお味。
スパイスなどにちょっとアジアンなものも使ったりしていてひとヒネリが効いている。


b0221071_747889.jpg



ヤギのチーズとくるみ、はちみつがけのサラダもボリューミー。
旅先で食べる美味しいサラダってホッとしますね。往々にして野菜不足になりがちやから、外食は。

偶然入ったお店だったけれど居心地良くて皆満足。
数日後にもう一度ここでランチしたくらい(^o^)
その時食べたりんごのトルタも優しい味で美味しかったです。

このカフェ、どうやらアムステルダム市内に二店舗展開している模様、
オフィシャルなアドレスはHerengracht 309となっておりますが、私達が食事をしたのはBerenstraatにある店舗、有名なパンケーキ屋さんのお隣にある小ぢんまりとした可愛いお店。
どちらもDe 9 Straatjes界隈にあって近いようです。

オススメ!

…旅の間に食べた美味しいものはこんなカフェ飯のほか、インドネシア料理(インドネシアがオランダの植民地だったため)に日本料理(ちょいと高いけどお寿司が美味しかった)、インド料理にポルトガル料理など…オランダ料理的なもの一回も食べず!へへー

しかし声を大に、
オランダで飲むハイネケンの生ビールは本当に美味しかったです!
やっぱりそこの土壌や気候に一番合うように作られているのかなぁ、別の場所で飲むのとほんまに味が全然違うんですわー!あまりビール呑みではない私も毎晩飽きもせずハイネケンにアムステルごくごくプハー。
おつまみはもちろんオランダ名物コロッケ、あぁこれは正真正銘オランダ料理。

良かった、辛うじてオランダ的料理もクリア011.gif
[PR]
by maya-on | 2013-11-09 00:48 | 旅 - オランダ | Comments(2)

アムステルダムを歩こう

b0221071_884810.jpg


ひょんなことから願いかなった、訪アムステルダム。
当初は車で行くつもりにしていたのだけれど、休暇前の体調があまり思わしくなかったので座っているだけで運んでくれる文明の利器を利用。
行きは2回ほど乗り換えで少し長くかかったけれど、帰りの電車は乗り換えなしの直通で5時間!
なんや、遠い遠いと思い込んでいたオランダ…近いやん。

オランダといえば、の友人スーパーガールにいそいそと連絡。毎日忙しいだろうに、見惚れるほどの行動力とフットワークで軽々とアムステルダムまで遠征して来てくれて感謝!

彼女に会うのを楽しみにしていた私ほか今回の旅の連れも含め、5人で取りあえずアムステルダムを歩きましょう。Vaaaai


b0221071_891686.jpg


このデカくて黄色い塊は、ずばりチーズです。
そういやオランダといえばチーズ…ゴーダ!!(知らない方はYokoブログへGo、丸投げすんません)
風車でもチューリップでみなく、チーズと自転車っていうのがオランダのシンボルか?(オランダ自転車考は後々別記事にて。)

後はとにかくどこを歩いてもぶつかる運河。
アムステル運河が街中を流れ、なんとも言えずロマンチックな雰囲気を醸し出しております。
駅から伸びる大きな通りとごちゃごちゃ感否めないショッピングストリートより数本奥に入った運河沿いの景色の方が断然好い!


b0221071_894820.jpg


フラワーマーケット通りは花の種や球根が所狭しと。
あ、やっぱりチューリップ始め花系にも(ざっくりしたくくりで申し訳ない。あんまり興味ないと表現がぞんざいになるね…一応チューリップは個人的に好きな花上位に入ってはいるのだけど。あ、いらんかこの情報)力入れてはるんやん、オランダ。

テクテクテク。
歩け歩け。


b0221071_81072.jpg


皆でジェスチャー大きめに楽しくトークしながら歩くと時間忘れる!
あっという間に楽しい時間は過ぎて、夕暮れ時に通りかかった広場で遭遇したのはレンブラント像。
有名な彼の作品「夜警」が等身大に銅像で再現されています。
どーもー!アムステルダムお邪魔してまーす!

数日後、レンブラントが実際住んでいた家を使った美術館・レンブラントハウスにも行きましたが、骨董品から始まってガラクタまでとにかく収集癖がすごかったらしいレンブラントのコレクションの展示の中に「フグのはく製」がありましてね…レンブラントはフグを食したのだろうか?

オランダ初心者をパワフルにアテンドしてくれたYoko氏、ありがとう。
運河沿いに続く似たような風景が方向感覚を狂わせてしょっちゅう「ココドコ…?」ってなってた私ども一行の救世主。気の合う友人の元気な顔を見られて、それだけで楽しく嬉しく過ごせたアムステルダムバカンス滑り出し。




[PR]
by maya-on | 2013-11-08 06:35 | 旅 - オランダ | Comments(0)

秋休暇2013

b0221071_5545765.jpg


待ちに待った秋休み。
生徒(子供)の誰よりもギラギラとこの休暇を待ち構えていたのはそう、この(ええ年した30代の)わたくし…
ちょっとクサクサしてた9月・10月を振り払うかのごとく、全力で日常から脱却してリフレッシュするぞー、と鼻息も荒く電車に乗り込み約6時間ちょっと。

ん?東京駅…?(写真上↑)
何やらとにかくクリソツです。


b0221071_5565882.jpg


いやこんな運河は東京で見たことないしな。


b0221071_5573419.jpg



この街といえば、私の中ですぐ思い浮かぶのはこっちの方かな。
今回は残念ながら外から建物を眺めるだけに終わってしまったのだけれど。


b0221071_5584695.jpg



あとはやっぱコレですよね。グビッ!

…そう、オランダはアムステルダム、初上陸。
欧州生活12年、ようやく来ることができました。

今年の秋休みはアムステルダムどっぷり紀行、しばらくオランダ話にお付き合い下さい。

ちなみにアムステダム中央駅は東京駅のモデルにもなったそうで、この二つの駅は「姉妹駅」なんだそう!似てるわけやぁ。
[PR]
by maya-on | 2013-11-07 05:44 | 旅 - オランダ | Comments(0)