2001年よりドイツ在住、音楽大学/大学院卒業後今日もピアノ弾き・音楽院講師のON/OFFあれこれ。芋国ドタバタ日常・音楽・旅・ラン・食を中心にpiano piano(ぼちぼち)更新、お気軽にコメントをどうぞ。


by maya-on

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
芋国の日常
maya-ONモード - しごと
もぐもぐ - そとごはん
わいわい - うちごはん
旅 - Bella Italia
旅 - フランス
旅 - 芋国を再発見
旅 - 日本・アジア
旅 - 情熱のスペイン
旅 - オランダ
旅 - オーストリア
旅 - スイス
旅 - イギリス
走るピアノ弾き
おしゃれあれこれ
おいしいレシピ
気に入りのモノたち
BENTOプロジェクト
観る・聴く・読む・感じる
門前修行中カメラ小僧
ご挨拶/about MAYA
未分類

最新の記事

ストラスブール散歩
at 2017-10-10 20:38
新年度、心機一転
at 2017-09-28 16:40
ようこそ
at 2016-10-04 19:58
黒い森・鱒散歩
at 2016-05-22 17:03
桜咲く日本へ〜広島
at 2016-04-13 17:04

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

最新のコメント

Yoku1210さん ..
by maya-on at 20:00
ん~~~感動!!早く会い..
by Yoku1210 at 05:15
Naoさん そうですー!
by maya-on at 02:07
もしや I子さんママにな..
by Nao at 07:54
Naoさん ぎゃーほん..
by maya-on at 02:34
出だし遅すぎやわ。1月末..
by Nao at 05:56
Naoさん 本当にそう..
by maya-on at 20:03
ほんまにねー。フランスが..
by Nao at 05:09
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:14
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:10

フォロー中のブログ

SEKAI NO WAT...
フィレンツェ田舎生活便り2
がびあーの家の毎日
little thing...
laboratorio ...
Il cielo e' ...
日々是日記 -まいにちの...

外部リンク

最新のトラックバック

シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..

検索

タグ

(46)
(39)
(37)
(20)
(17)
(16)
(16)
(14)
(13)
(12)

ライフログ

メモ帳

ブログパーツ

Desknet'sの基本操作方法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

仕事納めの夜に

b0221071_1902798.jpg



12月22日、無事に仕事納めを迎え、晴れて自由の身!
サクッと帰宅してクリスマスに備えるぜ~~~!!!

と、隣人/同僚/むしろほぼ家族?な緑のカエルさんと、そそくさと職場を後にして、帰路の途につきましたら。

職場のある街から40kmあたり離れた所のアウトバーン上で、何やらオシリの下が「ズズズズ・・・・」と振動しているような違和感。

「アレ、このあたりの高速道路って、こんな道の状態悪かったっけ・・・なんかオシリの下にケイタイ置いてたら電話かかってきた、みたいな振動するんやけど、気のせい?」

と言う私に、しばらく無言で思案したのち、ポツリと

「いや、それ多分気のせい、じゃないと思う・・・・・・」

とカエルさん。

とりあえず様子を見ようぜ、と、たまたま目の前にあったトイレしかない小さな駐車スペースに車を止め、小雨降りそぼる中、車をチェック。「まあ、大丈夫とは思うけどね、ハハハ・・・」などと軽いノリで車の前に回ってみたら。

右前輪、ペッチャンコ。

見事にパンクしてました008.gif

うっわ、パンクしてるってコレ、え~、でもアウトバーンでアレだけの速度で走ってて、ある意味パンクのプロセス静かすぎたよな、ちょっと、やめてよでもマジで、ほんまにシャ×セ(よい子は真似されないよう、美しい言葉ではございません)・・・

と、混乱しつつ、とりあえずADAC(日本で言うところのJAF)にTEL。
「すぐ向かいます~」という言葉を信じて、まだ二人とも軽いノリでぺちゃくちゃ喋りながら時間をつぶしておりましたが、

待てど暮らせど・・・・こないよ、アダック022.gif
その時点で、すでに夜22時半。
我が家までは、160kmの道のり。
アダックよ、どうか私どもにレンタカーなどを支給してはいただけまいか・・・・

と、じょじょに二人とも無口になりつつ(笑)ひたすら寒く、暗い駐車場で待機・・・。

やっと23時ごろ、「ど~も~」ってイラッとさせる軽いノリで現れたADACレスキューのおっさん、
「レンタカー、借りられますかね?自宅まで遠いんで。修理工場もこの時間は開いてないし・・・」と言うカエルさんの言葉を一蹴。

「や、事故後24時間以内に車を修理できないという場合にのみ、レンタカー出せるのよね。」

ちょっと・・・。どうすんの・・・・・。

「車に小さいスペアタイヤ載ってるでしょ。それつけてあげるから。それでなんとか帰れるから、160kmくらい。あ、でも最高時速80km/hだから。それ以上スピード出したら絶対あかんで」

ちょっとぉぉぉ~~~~~~~~~・・・・・。

ADACのおっさん、本来のタイヤの三分の二くらいの大きさしかない、ミニなスペアタイヤをあっという間に装着し、撤収(笑)

私たちに残された道は、このミニ・スペアタイヤの威力を信じて、トロトロ徐行でひたすら我が家を目指すのみ・・・

この時点で、すでに23時すぎ。
帰り着くには、何はともあれ前に進むしかないよね・・・と、徐行で運転開始。
ちょっとナメてたスペアタイアも、割といい動きをしております。
しかし、一番右の車線で、ことごとくでっかいダンプカーに追い越しをかけられつつアウトバーンを徐行するのは相当のフラストレーションやな、ということで、アウトバーンから出て下道で帰ることに。

もうここからは、夜で雨・・・という視界の悪さと、ライトひとつついていない、世界の果てのような芋国の田舎道と、眠気との戦いですよ。
魔女でも出てくるんではあるまいか・・・というおどろおどろしい夜中の山道って、怖いねぇ・・・・。

「あかん、今一瞬寝た、運転代わって」というカエルさんが休息している間、わたしが運転している時に限って、山道のど真ん中で、でっかいキツネと遭遇したりね。
ビックリするから、も~やめて、そういうの!!

そんなこんなで、なんとか無事に我が家にたどり着いたのは、夜中の2時半!
2011年、最後の最後までタダでは終わらせてくれない、村の音楽院なのでした。

ちなみに、カエルさんがパンクしたタイヤをチェックしたところ、どでかい釘がぶっすり刺さっており(汗)
え・・・何、いたずら?偶然の事故?それとも、私たち、村の誰かに恨まれてたりする・・・(あながち予想できないこともない。汗)???
と、うちで物議を醸し出したのは言うまでもありません(笑)

でも、今度こそ本当に、仕事納め~~~~!!024.gif

長くなっちゃったので、書こうと思っていた「クリスマス準備編」は次の記事にて♪
[PR]
by maya-on | 2011-12-24 19:27 | 芋国の日常 | Comments(16)

O Tannenbaum

土曜日、閉店間際のガーデンセンター。

「こ、これにします!」と指差した木を、バイトらしき兄ちゃんによっこらせ!と持ち上げてもらい、大きな機械に通し、ネットで梱包してもらい、両手に一杯デコレーションも抱えてご満悦で帰宅の「もみの木一年生」の私。

芋国在住10年にして、初めて我が家にもクリスマスのシンボル、もみの木(本物)がやってきました。

クリスマスというイヴェントには友人一真摯に取り組むアメリカ人・Aの助言により、もみの木をお迎えして、スタンバイした日には、一晩何もさわらないで、ただ自分の居間の空気にまず馴染んでもらう。

本当は、12月23日に飾り付けをするのが慣わしのようですが、「今はもう第4アドヴェントの日曜に家族で飾りつけしちゃう」という生徒たちの意見を取り入れ、私もクリスマス前の最後の日曜日に朝からデコレーション。


こちらはBEFORE、ライトだけ装着した状態で、どっしりと我が家の居間に鎮座します、もみの木。

b0221071_1864160.jpg



・・・そして、こちらがAFTER、飾りつけが一応完了したもみの木。

b0221071_18494265.jpg




シンプルですが、もみの木一年生にしては、なかなかの完成度?!
我が家は天井がやたらに高いので、小さく見えますが、大体背丈にして、これで1m70cmくらいあります。
それにしても、あの沢山あったラインナップから選び取っただけあって、愛着を感じる・・・・見事な枝ぶりすぎて、下がワサワサ・・・若干ズンドウなフォルムも自分の家にあると可愛く感じるほど(笑)

不思議と、普段は仕事や用事でほとんど留守にしていて家にいる時間は短い上に、何も用事がないとソワソワして出かけたくなる質なのに、もみの木があるだけで、家にいたくなってしまうのです。
居間に入るたび、まだ色濃く残る森の薫りが清清しい。



これから毎年少しずつ増やしていきたいオーナメント、今年のお気に入りは、

b0221071_18134935.jpg


ブルーのこの子や


b0221071_18143568.jpg


星の妖精?この子など。


ツリーの準備もなんとか終えて、第4アドヴェントの日曜日、まだまだ仕事は目白押し。
サクサク次へ参りますよ。

つづく。
[PR]
by maya-on | 2011-12-20 18:16 | 芋国の日常 | Comments(16)

クリスマスの準備は抜かりなく

b0221071_21244679.jpg



クリスマス前、最後の週末。
わたわたと雑務に追われながら、土曜日の夜、店が閉まる直前に駆け込み、ガーデンセンターのこんな未開拓エリアに足を踏み入れてきました。

だだっ広い倉庫に所狭しと並べられたこちら。

今年のクリスマスは、我が家にもこの中のひとつをお迎えできるのでしょうか…?

続きは明日。
仕事納めの一週間。気持ちはセカセカ追われていても、ニコニコでいきましょう。
良い一週間を!!
[PR]
by maya-on | 2011-12-19 21:16 | 芋国の日常 | Comments(2)

ラヂオ・道路交通情報

b0221071_826088.jpg



(写真・バルセロナで見かけた、素朴な味がしそうなお菓子。右のタルトレットは、「MUSIC」とあるけれど、どこが音楽なんだろうか。)



さて、今日の通勤中に幾度となく耳に入ったラジオの道路交通情報。

まずはこちら
「A(アウトバーンの頭文字)ナントカ線、◎△(街の名前)と□♯(街の名前)の間を走行中の皆さん、十分の注意を払って走行してください、車線にホウキが落ちています。」

ほう・・・・ホウキ・・・・・・・・・
ドイツにも、年末大掃除の習慣ってあったっけかね・・・・??


数分後にまたお気に入りCDの曲を中断する形でラジオの道路交通・最新情報。
「Aホニャララ線、◎△と□♯の間を走行中の皆さん、気をつけてください!
車線に、イノシシが横たわっています!」


イ、イノシシ・・・・・・
もちろん、横たわっているということは、もう生きてはおられるまいね・・・・
でも、これは流石に危ないなぁ・・・・・私の走っている路線じゃなくて良かった。


そして更に、職場に着く目前のアウトバーン上にてとどめの一発。
「Aブラブラ線を走行中の皆さん、十分に気をつけて走行してください!
◎△と□♯の間の車線に、TANNENBAUMが落ちています!!!!」


Tannenbaum=


クリスマスツリーが・・・高速道路の車線に落ちている。
年の瀬、ですねぇ・・・・。

日本だったら、田舎の森まで行って木を刈って、新年用の美しい門松を作ったのに、持って帰る途中で名神高速道路に落としてきちゃった、みたいな感じですかね。

いろんなモノが落ちております、ドイツのアウトバーン。
制限速度がなく、車好きには天国のようなところだ、といった意見も聞きますが、予想外の障害物があります故、くれぐれも安全運転を。040.gif

さぁ、今週もあと1日!
各家庭でクリスマスに行われるであろうホームコンサートに向け、クリスマスソング、びしばし練習しまっせ。
[PR]
by maya-on | 2011-12-16 08:22 | 芋国の日常 | Comments(4)

J.S.Bach:クリスマスオラトリオ

b0221071_842738.jpg



この間の日曜日、ちょうど第3アドヴェントの日曜日に当たる日の夕方、カールスルーエの中心マルクト広場にあるStadtkircheという教会である、J.S.バッハのクリスマスオラトリオを聴きに行ってきました。

なんとわたくし、10年この街に住んでいるというのに、市庁舎の真向かいにドーンと構えているでかいこの教会に入ったのは、この日が初めて012.gif
ええ、もぐりのカールスルーエっ子と言われてもしょうがありません。

とにかく、「うちの大家の奥さんが合唱団員として出演しているらしいから行ってみよう」というポップなノリで、隣人(のような、もはや家族のような)姐さん。と共にうちから歩いて5分ほどの教会に行ってみましたら、なんとあなた、チケットを求める人の長蛇の列!

「合唱団員とオーケストラの家族・親戚全員集まってるな、これは」

とか軽口を叩いていたのも束の間、満員御礼で入れないのでは?という事態に・・・

結局、なんとか入場はできたものの、2階・さらに3階席まで満席で、ステージが見える席はもうない、と・・・。

何なんだ、この集客力は?!と思ったのですが、このアドヴェント期間にあるクリスマスオラトリオを聴きに教会に出かける、というのは、日本でいう「行く年来る年」的なイヴェントなのかな、と。

アドヴェントには、家族揃って教会に出向いて、子供が寝ようが、ゴソゴソしようが、最後までオラトリオをじっと聴く。
そして、音楽を聴きながら、過ぎた一年、そして来る新しい一年に思いを馳せる・・・
という、「節目の儀式」のような役割があるのかなぁ、という印象を受けました。

クリスチャンではない私も、やはりバッハの旋律とハーモニーは非の打ち所なしに美しいし、合唱団の歌声が天井の高い教会に響く様も、迫力がある。

在独10年にして、ドイツ風の「ゆく年くる年」を体感することのできた、興味深い体験でした。


オラトリオの後は、教会のまん前で盛大に開催されている、もちろんこちら。

b0221071_8155933.jpg


カールスルーエのWeihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト=クリスマスマーケット)です。
携帯電話のカメラで無造作に撮ってしまったので、いまいち迫力に欠けるところは失礼いたします。

マーケットの行きつけ屋台で、豚のステーキ・ローストオニオンたっぷりに西洋ワサビの摩り下ろしをこれまたたっぷり挟んだサンドウィッチに、焦がし砂糖とラム入りのグリューワイン・Feuerzangenbowle・・・

う~ん・・・極楽。

バッハからの差が激しすぎますね。嗚呼、悲しき食欲よ。
しかし、バッハもあくせく教会で馬車馬のように曲を作っては演奏し、ほっこり疲れて帰宅しては、大勢の子供たちがギャーギャー騒ぎ立てる中、灯かりのともったテーブルで、同じようなメニューに舌鼓を打ったに違いあるまいよ。

そんな風にも思ってしまう、地元のまったりした夜でした。
[PR]
by maya-on | 2011-12-15 08:21 | 観る・聴く・読む・感じる | Comments(2)

ナポリの駐車事情

b0221071_8492020.jpg



どんなに自分は運転が上手だ、という自負があっても、ナポリで車を乗りこなすには、それなりに強靭な心臓が必要かと。

明らかに一車線半ほどしかない道路幅に、三台の車が並んでいる状況っておかしいでしょう。
ゴミ置き場横の斜めになっている車は、走行中(左折中)でしたが、その下、一番右にどっかり斜めになっている車。アレ、駐車中の車。
ちなみに、車が横に三台並んでいる状態の真ん中の列の車二台。あの車二台も、まさかの駐車中です。
一番右の歩道側(写真では、下)に駐車中の、黄色い車とその前の白い車・・・・彼らはどうやって車を動かすんだろうか。出られませんがな、確実に。

他人の迷惑は顧みず、「やった!駐車スペースみつけた!!!」と、晴れがましい気持ちで満面の笑みをたたえ、大きなジェスチャーで車から降りるナポリ人の姿が目に浮かびます・・・・。

こんな状態はまだまだ序の口で、「いや、そのスペース絶対無理でしょ」と言う小さな縦列駐車スペースに果敢に挑み、バックで入って自分の車が後続の車の頭にゴツン、そして無理やりボディを押し込んで、最後の微調整で、自分の車のアタマが前に駐車している車のオシリにこれまたゴッツンとぶつかって、

「ハイ、駐車オッケー。Perfetto(カンペキ)。」

って、あんた・・・・・。

そして何より怖いのは、そんな奔放な自動車たちの合間をぬって、それこそ右から左から、ひっきりなしに追い越しをかけてくる、無数のバイク/原チャリ軍団。
しかも、ノーヘルと三人乗り率、異常に高し(ナポリのみの現象かと・・・大汗)。
毎朝の通勤でカーチェイス気分とか、もう勘弁してください!


ゴミ問題はゴミ問題で、いつしか何だか宙ぶらりんだし・・・・
とはいえ、イタリア自体が経済危機もいいところで、政権交代なんやかんや、大わらわ。
実際、ゴミが~とも言っていられない状況ではあるのかもしれません・・・・。
一時期よりは、整備されてきている印象ではあります。2年ほど前は、そりゃもう壮絶な絵だった・・・。

そんなカオスな街なのだけれど、何故か気になる。
美味しいものと太陽と、「危機だ危機だ」といいながら、深刻になり切れない、心底ネアカな人たちにひきつけられるように何度も行きたくなってしまう街、それが私にとってのナポリです。


そうそう、車といえば・・・・
今年6月、パートナーとしてわがTEAM ONISHIに仲間入りした、愛車・ジャズ本田氏。
通勤も買い物もおんぶに抱っこ、彼なしではもう私の生活が成り立たないわ!と溺愛中なのですが(その割に、まだ一度もきちんと洗車してないな・・・汗 降れ!大雨・・・・・!!!)、一緒になってからちょうど半年の数日前、通勤中に、夜のアウトバーンで記念すべき数字。

b0221071_915598.jpg


10000kmを走破070.gif
6ヶ月で1万キロとは、なかなか良いペース・・・・これからも、よろしく頼みまっせ、ジャズ氏。
(洗車行きなさい、洗車に!)

ナポリに車で行こう、なんて酔狂な考えを起こさない限りは、まだ無傷でしばらくマイカーとの蜜月を過ごせそうです・・・。
(とか言いつつ、ハンドルを握ると突如アグレッシヴになるドイツ人の運転も、たまに見ていられたものではないけれど。)

これからの季節、路面凍結には注意しましょう!ドイツの冬はまだまだこれから・・・・戦々恐々。
[PR]
by maya-on | 2011-12-13 09:11 | 旅 - Bella Italia | Comments(4)

ナポリそぞろ歩き

b0221071_18421098.jpg



ピザを食べ切った後は、とにかくお腹が一杯で・・・・

「とりあえず歩こう。このままでは夕食が楽しめん。」

ということで、ナポリの細道をぶらぶら。

美味しいパスタやピッツェリア、テイクアウトできる揚げパンやライスコロッケなどの屋台に怪しげなスーパーマーケットなど、雑多に店が立ち並ぶ通りは、眺めているだけで刺激的で楽しい。
治安はあまり・・・・いや、かなり良くない、と言われていますが、(そして多分それは本当)
・あからさまに高価なものを身に着けず(貴金属のアクセサリーや時計などを外から見えるようにつけない)
・大きな一眼レフカメラなどを首からぶら下げてキョロキョロ歩いたりはせず(そんな訳で、いつもナポリに行くと、撮りたいモチーフは沢山あるのに、写真が少ないんです・・・)
・財布を丸ごと持ち歩かないで、使う分だけズボンのポケットに入れて歩くべし
・・・これくらいの心構えで出歩けば、たいていの無駄なトラブルは避けられる。

そうです。

え・・・やっぱり悪いじゃないですか、治安。
と思ってしまいそうですが、やはり日本人(アジア人)は顔立ちから言っても、ほかの欧米人に比べて目立つ、ということもあるし、ナポリはやはりマフィア「カモッラ」を始め、私たちの想像もつかない力が裏で街を動かしていることは事実。
ちょっと気を引き締めることで、楽しく滞在できるなら、それに越したことはありませんし。

ということで、ナポリに遊びに行かれる皆さま、普段より、ちょっぴり危険察知アンテナを張り巡らせて、ナポリのピッツァをお楽しみくださいね001.gif


b0221071_1941954.jpg



さて、ナポリでピッツァに舌鼓を打っていたのもはや1週間前・・・
再び日常モードに切り替わり、クリスマス休暇までの残り10日間、私も世間もラストスパート・・・といった感じで馬車馬モード。

勤務先の子供たちも、レッスンの合間のトークタイムには「今年のクリスマスプレゼントは何が欲しいか」みたいな話題しか出てこないようになりました(笑)
そんな中、30分間、わき目も振らずにピアノを弾き続ける小学校一年生、メガネ姿が理知的なHちゃん。
一生懸命、「悲しいお別れ」という小曲を練習中。

このクリスマス前の浮かれた時期に、「悲しいお別れ」もないやろう・・・とは思うのですが、本人はその曲がすこぶる気に入っているらしく、演奏にも力が入る。

「Hちゃんさ、すごくしっかり弾いてるけれど、この曲『悲しいお別れ』って名前でしょ。もうちょっと悲しげに行ってみようか」とは私。

さらに「ホラ、この曲のあたま。『P』(Piano=ピアノ)っていう記号がついてるねー。これはどういう意味やったかな。」との問いに、

Hちゃん「P・・・P・・・・・・音を弱く、弾く・・・・・・?」

私「そうそう!ブラーヴァ!で、そのPの記号の名前、なんやった?」

Hちゃん「ええと・・・・・ええっと・・・・・・・・・」

私「Pって書いてるから、Pのアルファベットで始まる名前やよ。ピ・・・その続きは?」

Hちゃん「ええと・・・・・ウウ・・・・・・あああ・・・・・・・・

・・・・・わかった!

Picasso (ピカソ)だわ!!!!!


ピ・・・ピカソっっ?!027.gif027.gif

確かにPで始まるけれど・・・・小学一年生で、ピカソ・・・・出てくるか?
すごいな・・・・Hちゃん・・・・・・!!!

余りにもその答えにびっくりして、「その答え・・・素晴らしいね!」とコメントしてしまい、うっかり「それはPianoだよ。」と答えを訂正するのをすっかり失念したままレッスンが終わってしまいました(笑)
来週会ったら、ちゃんと訂正せねば・・・・。
このままでは、「音を弱く弾く」Pの記号は「ピカソ」だと思ったままHちゃんが成長してしまう・・・・!!

と、こんな感じで、やっぱり少し浮かれモードな師走のドイツです。
今週もコツコツいきましょう。
皆様も、良い一週間を♪♪
[PR]
by maya-on | 2011-12-12 19:19 | 旅 - Bella Italia | Comments(4)

ナポリ・ピザ巡礼の旅

b0221071_5455255.jpg



と、いうことで・・・・
心の洗濯、光合成に行ってきた場所とは、うすら寒い芋国から飛行機で南下すること約2時間、南イタリアは、ナポリでございました。

喉の痛みと寒気、微熱をかかえて、炎症止めと風邪薬を握り締めつつ、なんとかフランクフルト国際空港から飛行機に乗りましたが、週末の滞在を終えてまたドイツに帰るころには、美味しいものと確実にドイツより暖かい気候、そして優しさだけで出来ている、まさに「バファリン家族」とも言える友人たちのおかげで、また元気になって帰ってきました。

携帯電話はもちろん常時電源OFFで。

今の私に必要なのはコレだったのだわーーー!!

という思いをかみ締めつつ、美味しいものだけを食べて、気の置けない人たちと話して、笑って過ごしました。

ナポリのピザは、目からウロコの美味しさ。
シンプルにトマトソース・水牛モッツァレッラチーズ・バジルを乗せて焼いただけなのに、口の中で、もはや爆発的に美味しさが炸裂します。

ナポリ人のピザにかける情熱も相当なものかと思われ・・・
ナポリ中にひしめく、数十・・・いや、下手したら数百軒?のピッツェリアがしのぎを削りあう、ピザの聖地です。
イメージとしては、讃岐地方の、うどん屋さんみたいな?(行ったことないくせに。)
ナポリ人と話していると、十中八九「どこのピッツェリアが美味しかった、どこのピッツェリアのサービスが悪くなってた」みたいな話になること確実。

今回食べたのは、旧市街にあるPizzeria di matteo、ビル・クリントン氏も訪れたとかで、店中央に、これみよがしにでっかく引き伸ばされたクリントン氏の写真が飾ってあります。

この、有名人来訪のネタを十二分に利用して集客を謀るところとか、そもそも粉ものに異常な執着をみせるとことか・・・・ナポリって、なんだか我らが「なにわ」とキャラがかぶるんですがね・・・・。
(いや、私はナニワっ子ではないけれど。広く見て「関西圏」で捉えての「我らが」です。)


お好み焼きとご飯のコラボレーションで炭水化物ボンバーな「お好み焼き定食」的に、ナポリでもピッツァを食べる前の前菜として、こんなモノをいただきます。

b0221071_603384.jpg


上・ラグーのアランチーノ(ミートソースのライスコロッケ)
下・フリッタッティーナ(ごっついマカロニを卵でつないで揚げたオムレツのようなもの)


この後に、直径30cmもあろうかというピザ・・・・暴挙だね。
その場では、本当に美味しくてテンションも上がっているので、けっこういけちゃいますが、食べた後、もう尋常じゃない満腹感に襲われます。

でも、美味しいから、いいけど。003.gif

ナポリ・・・・混沌としているし、決して治安が良いとは言えないけれど、なんだか後を引く・・・・これもまた、なんかナニワっぽい。

イタリアのナニワ。
検証の余地・・・まだまだアリ、かと。

さあ、元気注入でまた充電オッケ~イ!
(飛行機がドイツに着陸して、携帯電話の電源をONにしたとたん、雪崩のように入ってきた不在着信と留守番電話の数に、一瞬クラッとして士気が下がりましたが・・・おっと028.gif
クリスマス休暇まで、また元気に走り切れそう。
[PR]
by maya-on | 2011-12-08 06:07 | 旅 - Bella Italia | Comments(8)

風邪の子続報・そして私は

再び週末。

世間は師走、芋国でも、クリスマスを前に、だんだん人々のテンションも上がってくると同時に、家族や親戚筋、友人に贈るクリスマスプレゼントの調達も徐々に本格的に始まり、街中がゆっくりと、しかし確実に殺気立ってくる月でもあります。

私といえば、クリスマスプレゼント関係のストレスはあまりないものの、なんだか心身共に疲れ気味。
あと数週間で一年終わる…頑張れ自分!と思っても、風邪気味なこともあるのか、毎日の仕事が終わるたび疲労困憊…(>_<)

そうそう、水曜日あたりから自覚して、週末までに治す。と決意した風邪ですが、出来ることは全てして臨んだ翌日・木曜日はすこぶる好調。
しかし、その日は出張で、自宅でゆっくり寝られなかったのが祟ってか、金曜日はまた喉が痛んで、体までだるく寒気がする始末。

なんとか仕事には穴をあけずに帰宅しまして、やっと週末だ…!と思った瞬間、何故か寒気は消える(笑)
喉の炎症止めの薬とアスピリンで騙し騙し、今に至ります。


でも、この週末は、若干疲れ気味な自分をリカバーするために使うと決めていたから。職場や生徒からの電話がつながらない、リラックスできる場所は…

やはり芋国脱出ですよね。

ということで、こんなモノを食べる為、またやってきました。


b0221071_6173891.jpg



このお菓子、大好きなんやけど、今回のコレはかなりデカイな…!
冗談抜きで、私の手のひらサイズ。「ミニヨン」の一言を電話注文の際に忘れた場合、これが出てくるんですな(笑)
でも、今のところ一番好きなお菓子屋さんのものだったから、無心でペロリといっちゃってました。いや、一個だけやけどね。

さて、私は何処にいるでしょうか?
(このクイズ形式、もうしつこい?)

美味しいご飯の後、これを食べて昼寝して…明日には風邪も治るような気がする食べ物マジック。
皆様も素敵な週末を。風邪ひきの皆さん、一緒に早く治しましょうね〜!
[PR]
by maya-on | 2011-12-04 05:52 | 芋国の日常 | Comments(8)

子供は風の子、ワタシ風邪の子?!

b0221071_736356.jpg



日常とIngolstadtにかまけているうちに、世間はもう12月、師走なのでした。

「さ~~~~む~~~~~~~ッッッ!!!!」

・・・とまではまだいかずとも、立派に冬な芋国。
レッスンに来る生徒の中にも、ゴホゴホ咳などをしている子が、ちらほら。

しかしね、私は親御さんに言いたい。

少々の風邪でも、レッスンにくる努力は認めるよ。エライ。
されども、見るからに熱があって、クラスのみんなに移すといけないから、とドクターストップがかかって学校は休んでいるのに、ピアノのレッスンに子供を送り出すのは、やめてくだされ。

かなりの高確率で、その子の風邪が私にうつるんですよ

先週あたりから、「あ、こやつ、怪しいな・・・」という生徒が何人かレッスンに来、そういう子たちには
1.挨拶の握手をしない
2.レッスンが終わるや否や、窓を全開にして換気
3.むしろ、レッスン中も、クシャミ等がもろにかかるような距離には近づかない

などと、教師失格な対応(でも、背に腹はかえられない。だって私が病欠したら、困るの生徒ですし)をしていたものの、今週折り返し、水曜日あたりから、仕事中、遠くから時折押し寄せてくるような寒気、そして左のどに嫌な感じの痛みを確認し出し・・・・。

けれど、今週の仕事も残り2日。それが終われば、数日また留守にする予定があり、帰ってきた次の日からはまた仕事・・・・と、はっきり言って、私いま、風邪を引いている時間がないんです~!
風邪さん、遊びに来られても困ります~~~!

ということで、バーチャルでもリアルでも、当たり構わず周りにアドヴァイスを求めてみた。

・生徒(ドイツ人・11歳・女子)曰く:「やっぱりハーブティーと、襟巻きですよ。うちのパパもそれでいつも風邪のひきかけを治しています」

・友人1(ドイツ生活が長い日本人・女性)曰く:「喉が痛くなくなるまで風呂に入れ。そしてその後熱い茶を飲み、できるだけの厚着をして、サウナ状態でベッドに入って眠るべし」

・友人2(同じくドイツ生活が長い日本人・女性)曰く:「はちみつ+しょうが+レモンをひたすら摂る。同時に炎症止めを服用。」

・友人3(ナポリ人・アラサー)曰く:「とりあえずアスピリン。ていうか、普段からビタミン系のサプリちゃんと飲みなさいよ。あとはどうすれば喉痛が治るのか、マンマに聞いておいてあげる」


ふむ~ふむ~~~
ということで、もう、してもらったアドヴァイスは全部取り入れ(友人3の発言のみ却下)、なんとか仕事もしながら、週末に向けて風邪も撃退していく、という方向性で行くことに決めました。

水曜夜、微熱気味で帰宅した後、とりあえず暖かいレンズ豆スープの残りを飲み、バスタブにお湯を張る。
その間に、はちみつ+しょうが+レモンを混ぜた暖かい飲み物を飲む。
お湯が入ったら、皮膚からもその効果を取り入れるため、「はちみつ+しょうが+レモンの湯」という入浴剤を投入。ポカポカ効果に期待。
蒸気で喉も潤して、風呂上りには、すかさずもう一杯はちみつ+しょうが+レモンドリンク→首にはネックウォーマー二重づけ、そしてついでに足元にもレッグウォーマーに毛糸のくつした、フリースパジャマでベッドへGO。
翌日の仕事中も、室内なのにマフラー+ダウンベストで完全装備、できるだけ話さないように留意しながら(仕事にならないんじゃぁ・・・?笑)、ひたすらハーブティーとのど飴。
一日三回、塩化リゾチーム。

どうだーーー!
これで願わくば、週末には完全復活。タイムリミットは、あと1日。


b0221071_82419.jpg


コレ(↑)も数日我慢してるんですから・・・・どうか、そこんとこ、なんとかお願いしますよ(誰に?!)・・・。
週末の続報、こうご期待。
[PR]
by maya-on | 2011-12-02 07:31 | 芋国の日常 | Comments(10)