「ほっ」と。キャンペーン


2001年よりドイツ在住、音楽大学/大学院卒業後今日もピアノ弾き・音楽院講師のON/OFFあれこれ。芋国ドタバタ日常・音楽・旅・ラン・食を中心にpiano piano(ぼちぼち)更新、お気軽にコメントをどうぞ。


by maya-on

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
芋国の日常
maya-ONモード - しごと
もぐもぐ - そとごはん
わいわい - うちごはん
旅 - Bella Italia
旅 - フランス
旅 - 芋国を再発見
旅 - 日本・アジア
旅 - 情熱のスペイン
旅 - オランダ
旅 - オーストリア
旅 - スイス
旅 - イギリス
走るピアノ弾き
おしゃれあれこれ
おいしいレシピ
気に入りのモノたち
BENTOプロジェクト
観る・聴く・読む・感じる
門前修行中カメラ小僧
ご挨拶/about MAYA
未分類

最新の記事

ようこそ
at 2016-10-04 19:58
黒い森・鱒散歩
at 2016-05-22 17:03
桜咲く日本へ〜広島
at 2016-04-13 17:04
近頃の癒しアイテム
at 2016-03-04 18:48
2月の記録-ひたすら日常
at 2016-02-25 18:02

以前の記事

2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

最新のコメント

Yoku1210さん ..
by maya-on at 20:00
ん~~~感動!!早く会い..
by Yoku1210 at 05:15
Naoさん そうですー!
by maya-on at 02:07
もしや I子さんママにな..
by Nao at 07:54
Naoさん ぎゃーほん..
by maya-on at 02:34
出だし遅すぎやわ。1月末..
by Nao at 05:56
Naoさん 本当にそう..
by maya-on at 20:03
ほんまにねー。フランスが..
by Nao at 05:09
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:14
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:10

お気に入りブログ

SEKAI NO WAT...
フィレンツェ田舎生活便り2
がびあーの家の毎日
little thing...
laboratorio ...
Il cielo e' ...
日々是日記 -まいにちの...

外部リンク

最新のトラックバック

シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..

検索

タグ

(46)
(39)
(37)
(20)
(17)
(16)
(16)
(14)
(13)
(12)

ライフログ

メモ帳

ブログパーツ

Desknet'sの基本操作方法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

海の幸ランチ~カプリ島

b0221071_1184747.jpg



晴天の空に、南国チックなレモンの木がまぶしいお昼時。
数時間前の往路での船酔いのことなどきれいさっぱり忘れて、いざ行かん、カプリでお昼ごはんemoticon-0165-muscle.gif

グルメオヤジRの秘蔵アドレス帳(イタリアはじめ彼が訪れたヨーロッパの都市ごとのお勧めレストラン情報が完璧に整理され、書き込まれた夢のような手作り本・・・マメ!!)からおすすめ頂いたカプリ島のレストラン数件のうち、なんとなく外観から地元民(っていうかナポリ人)で賑わっている感じのトラットリアに決定。

一度入るも、満席で午後2時からの席しか空いていなかったのだけれど、それもまた「美味しいんやろうな」気分を裏付けてくれる感じで、迷わず1時間後の席を予約、再びショッピング通りをブラブラ。
(ここで忘れないうちに帰りのアジタートな航海に備えて船酔い薬を購入することも忘れずに・・・)


そして、やっと昼食!
食べたいのは海の幸、それなら迷わず飲み物はキリッと冷えた白のハウスワインで。
酔い止めも買ったので、俄然強気にがぶがぶいきます。なんなら、飲んで酔っ払って、気持ち悪くなる前に帰りの船に乗るやいなや寝てやろう、という魂胆。


きました、プリモピアットのパスタ。

b0221071_1314260.jpg


Frutti di mare(海の幸)の手打ちパスタ。
パスタが緑色なのは、ほうれん草?と思いきや、なんとなくイタリアンパセリっぽかったです。
まさしく日本の手打ちうどんのような食感で、冷たかったらおつゆとミョウガ、刻みねぎとわさびなんかでつるーっといきたい感じ(笑)
イタリアなここでは、魚介類とトマトの出汁がいい味出してます。



b0221071_1353853.jpg


こちらはZuppa di cozze(ズッパ ディ コッツェ=ムール貝のワイン蒸し)。
トマトも入っており、スープがほのかに朱色です。
一番下に、カリカリに焼いたバゲットが敷いてあることもあり、スープを十分に吸ったこのバゲットを食べるのがまた美味しい~!
隠し味とはもはや言えないほどにんにくも主張してますが、これがまたいいのさ!
(わたくし、大のにんにく&ネギ好きemoticon-0152-heart.gif

豪快に手でワシワシ頂きます。ウマ~!



b0221071_1392848.jpg


そして、それでも飽き足らずに皆で最後にこちらのフリットをシェア。
そうそう、カラッと揚がったフリットに、レモンたーーーっっぷりかけてね!

美味しい食事に、窓の外一面に広がる地中海パノラマの図。
食べる物そのものだけではなく、やはりそれに付いてくるシチュエーション、というのもごはんの美味しさをグッと引き上げますね。

あ~満腹&幸せぃ!

(レストランの名前と住所、記録しようと思ったのにまさかの失念!
グルメオヤジRに確認とれ次第、追記いたします。あしからず・・・emoticon-0139-bow.gif
[PR]
by maya-on | 2012-05-30 01:43 | 旅 - Bella Italia | Comments(0)

カプリ島 絶景散歩

b0221071_1919408.jpg



カプリ島の高台、パノラマビューを楽しめる場所から、海の方へと下ってゆく、こんな散歩道らしきものを発見。

行ってみまひょか・・・と、片側は断崖絶壁のくねくね道を下ってゆくと


b0221071_1921587.jpg



ひゃぁ~~~~~


b0221071_19223095.jpg



うひょお~~~~~~~

・・・と、こんな声しか出てこない絶景ポイント!ああ、語彙の乏しい自分が情けない。

これは日本にいるほかの家族メンバーにも見せたいぜ!!
特にマチャ(私からは父、ヨーコからは夫)!!
同じことを、ヨーコも心の中で叫んでいたことでしょう・・(叫んで・・・・いたよね?!)


ヨーコとトンコは、カプリ島の松ぼっくりの巨大さにもっぱら圧倒されている様子(笑)

b0221071_19255153.jpg


それにしても、バックの色が綺麗すぎるわ!



私は、こんなご馳走(絶景)をおかずに日光浴。
あ~、この芋国では真夏でも感じられないレベルの主張大きめな太陽の光・・・!!!

b0221071_19243934.jpg


ちなみに、日光ガンガンのところは暖かいのですが、なんせこの日は風が冷たくて・・・薄いジャケットの下にありとあらゆる手持ちの服を着込んでおります(笑)



アジタートな海(もうしつこい・・・)に振り回されて、あんなにヘロヘロになって
「もう私は一生食べ物食べへんから!!(特に巨大な揚げドーナツ・・・汗)」
と強く思い、その旨を同行者のみんなにも力強く伝えていたにもかかわらず、この頃には

「ちょっと、お腹減ってきたわぁ・・・」

などと考えながら陽の光を浴びる。

更に、どこからともなく魚介類とニンニク、オリーブオイルのこれまた美味しそうな香りまで漂ってきて、いきなり空腹度MAXに!!

さっき「一生もの食べへん」言うてたんはどの口や・・・・

などとやいやい言いつつ、お昼ごはんにいたしましょう!
楽しみ~~emoticon-0115-inlove.gif
[PR]
by maya-on | 2012-05-26 19:35 | 旅 - Bella Italia | Comments(0)

アジタートにカプリ島

b0221071_16434862.jpg



この日は頑張って早起き。
前日の雨も綺麗に上がって、ラッキーなことに真っ青な空の快晴emoticon-0157-sun.gifemoticon-0157-sun.gif

こりゃぁわたしたち、ついてるね!!!

と、やって来ましたのは、そう、カプリ島です。

観光のメッカ、しかも今日はパスクエッタ(復活祭の次の日でまだ祝日)・・・イタリア人はパスクエッタにピクニックをするという習慣があるもので、地元民も外国人観光客も一気にカプリ島行きを敢行、朝も早いというのに港は大賑わいでございます。

しかし晴天・・・とは言え、前日までの悪天候で海のゴキゲンはあまり良くないご様子。
パッと見には穏やか~に見えるんですけれど、水中翼船に乗船してまだ船も動いていないというのに、なんだかグラグラ船体が揺れている・・・

そこに、てきぱきと働く船員たちが話す声がふと小耳に。

「Il mare é agitato....」

マジで・・・とわたしが思ったのもつかの間、この言葉がヨーコとトンコの耳にも入ったらしい・・・・

「ちょっと!アジタートって言うてはるよ!!」

・・・ちなみに、このマダムお二方、決してイタリア語に堪能とかそういう訳ではございません(笑)
しかし、語学堪能ではなくとも、お二方とも実は筋金入りのミュージシャン。
クラシック音楽用語の共通用語は、イタリア語。

Agitato(アジタート)=激して、興奮して

と音楽用語では訳されます。

そして、Il mare(海)・・・おそらく前日からの「Frutti di mare(海の幸)」スパゲティ・・・などと繰り返されていたので、おそらくその言葉が自然に脳内に吸収され、こちらもOK。

海が激する・・・・

ええ、シケてるやん、海!!!


と、100%の素晴らしい理解力emoticon-0148-yes.gifヨーコ&トンコ、お見事!


・・・と呑気にしておられたのも出発後数分。本当にアジタートな海に振り回され、水中翼船、阿鼻叫喚の地獄絵図に(笑)
乗客は皆、エチケット袋を握りしめ、甲板では揺れすぎる船に意識を失い倒れる乗客まで!
わたしもしっかり巻きこまれて、ほうほうの体でなんとかカプリ島に到着。

ゲッソリと「もう船には乗らない・・・」と思いながら島につき、ケーブルカーで島の高台まで登りましたら、いや~しかし絶景!!

一気に船酔いも飛んでいきました(笑)


b0221071_16584797.jpg



このブルー!


b0221071_16591442.jpg



しかし、アジタートなマーレのお陰で、やはり有名な青の洞窟はこの日休業(>_<)
波が高いと洞窟に入れないのは分かっていたので、残念〜、でもこれはまた近々カプリを再訪しろってことやね。と、持ち前のポジティブシンキングで気を取り直して散歩続行!!

すっかり南国気分な一行でございます☆
[PR]
by maya-on | 2012-05-24 17:00 | 旅 - Bella Italia | Comments(6)

ソレントの晴れ間に

お昼ごはんの前にソレントを散歩中。

ああ~、こんなに綺麗な景色やのに、天気が悪くてほんまに残念!!!


b0221071_18204459.jpg



・・・といった話をしているそばから、突如太陽が・・・!!emoticon-0157-sun.gif


b0221071_18204522.jpg



ものの数分で、こんな青空が!!
ヴェズヴィオ火山が急にくっきりと見え出した。

あの火山が噴火して、ポンペイが一瞬にして灰の下に埋まってしまったのですねぇ・・・。


b0221071_18204633.jpg



なんて言っていたら、今度はカモメ様のご登場。
人間に怖がる様子もまったく見せず、不遜な態度で「しゃあないな、写真うつったろか」的完璧なポージングで微動だにせず。
眼光鋭し。ナポリのカモメは態度もでかい?もしかしたら女性の方だったのかしらん・・・emoticon-0136-giggle.gif


b0221071_18333077.jpg



ホラ・・・この態度!
「カモメは獰猛なんやで!近寄ったら攻撃されるで!!!」と、やいやい言われつつ、腰引けながらもぐぐっと寄ってみました・・・ふてぶてしいなぁ~~、もはや凛々しくさえ見えるね。

・・・と、珍しく動物ネタで〆てみました。


さて、明日はナポリからすこし足を伸ばしてあの「島」へ。
あの「洞窟」には果たして入場なるか・・・・!?
[PR]
by maya-on | 2012-05-23 18:38 | 旅 - Bella Italia | Comments(0)

帰れソレントへ〜イースター正餐

b0221071_1726251.jpg


Sorrento



4月頭のイタリア旅行記も完結していないのに、この所、わたくし旅行ラッシュ・・・(って計画してるのは自分ですが!)ほぼ毎週末、あっちゃ行ったりこっちゃ行ったりで、ブログと現在の時系列がまったく一致しておりません!書きたいことは沢山あるので、とりあえずサクサクとイースター旅行記つづけまーす。


イースターの日曜日、今年はソレントへ。
ナポリ民謡「帰れソレントへ」のあそこです。
(余談:「鬼~のパンツはいいパンツ~~~♪」のあの曲も、実はもともと「フニクリ・フニクラ」というナポリ民謡emoticon-0148-yes.gif

ナポリからは海沿いをドライブすること約1時間。
絶景ポイントとヘアピンカーブが続く、エキサイティングな道のりなのですが、お天気はまさかの雨~・・emoticon-0156-rain.gif

それでも、ソレントに到着した頃には一瞬の晴れ間も出て、太陽の出没と同時にワサ~~~ッッとイタリア人たちも屋外に大挙(笑)ソレント目抜き通り、大渋滞でございます。

しばらくお腹を空かせるために散歩などを楽しみ、再び海岸線から山のなかへひたすら車を走らせること約30分・・・美味しいものにはいつも120%の本気で取り組むグルメなオヤジR行きつけレストランに到着。

何かあるたび(大晦日とか誕生日とか)お邪魔しているこのお店、わたしも3~4回来ていますが、来るたびに大盛況。
あまりにも人気で、今回来てみたら店内改装でめちゃくちゃテーブル数が増えていました。
それでも今日も満席!

お決まりのオーバーリアクションでオーナーミンモ、今日も巧みにお客をサバいております。
そして奥さんも(たぶん親戚の女の子も)総動員でサーブ、テーブル数が増えてキッチン要員が多くなっても、キッチンど真ん中でビシバシと采配をふるっているのは、家のキッチンに立ってそうなラフないでたち(ほかのコックは一応みなコック服)の年配の女性。

「あれ、オレのマンマemoticon-0152-heart.gif

と、ミンモ・・・・・・いや、知ってるて。(ちなみにミンモ、エエ年のおっちゃんです)
やはりいくつになっても強いなぁ、ナポリのおかん・・・。



b0221071_1726471.jpg



さて、前菜はサラミ・ハム・チーズの盛り合わせ。
こちらのレストラン、スローフード協会加盟、「出所のわかる」お肉やチーズ、ほか原材料を使って料理しているのでシンプルな調理法でいただくのが一番おいしい。

写真には乗っておりませんが、そのほかにもライスコロッケ、ポテトコロッケ、カルチョーフィ(西洋アザミ)のグリルなど、いきなり全速力。


b0221071_1726529.jpg



プリモ(第一の皿)はお好みで。
リコッタのラビオリ、セージとくるみのソース。
リコッタチーズ、個人的にあまり好きではないけれど、これは新鮮で美味しかった!


b0221071_1726649.jpg



そしてお約束、海の幸満載のスパゲッティ!
ナポリに来て何が嬉しいって、日本のような新鮮な魚介類が沢山食べられること・・・これに限ります。
もちろんナポリ人も魚介類に対する情熱は相当なもの。
芋国のように「サカナ、キラーーーイ」などという罰当たりな発言をする輩もいず(まあドイツは内陸国ですから・・・美味しい魚を食べられる機会自体が少ないことを思うとしょうがない部分もあるけれど。)、心ゆくまで海の幸の素晴らしさを追求できる、わたしにとってはパラダイスemoticon-0123-party.gif


b0221071_1726680.jpg



さらに間髪いれずにセコンド(第二の皿)へ。
イースターと言えばAgnello(アニエッロ=1歳までの子羊)やろ、と私は迷わず肉料理。

ミンモに、「ローストと煮込み、どっちもあるけどどうする?」と聞かれ、
あ~どっちも食べたい!でもシンプルにローストかな、ああでもミンモマンマの煮込みとか絶対美味しいしなぁ・・・
と決断できないわたしに

「よっしゃ、ほな両方いっとこ!」

と、半々でサーブしていただきましたemoticon-0102-bigsmile.gifイタリアのこういうとこ、最高。

ちなみにヨーコ&トンコはお魚料理、メカジキのグリルやったかな?
こちらも美味(写真なし)。

「南イタリアではとにかく食べるよ・・・だから覚悟しといてや~」

と言ってはいたのですが、予想を超えるこの食べ物の洪水にお二方、目を白黒emoticon-0140-rofl.gif
そりゃそうよねぇ~、でも大丈夫、だんだん胃も広がってきてくれるから・・・(え?!)

この後レモンケーキ、シュークリーム、パフェ等、再び選べるデザートがどっかりサーブされ、「もう動けない・・・」となった胃袋の隙間に自家製リモンチェッロ(レモンのリキュール、アルコール40%で食後酒にGOOD)を流しこんで、正餐終了。


今回も美味しかった~~~!ありがとう、グルメオヤジRそしてミンモ(いや、ミンモっていうよりミンモのマンマ?)!!

「日本に店出したいんよ~~!OSAKA最高!!!(何故大阪?でもなんとなく分かるけど・・・・)」
と気合十分のミンモ一家が切り盛りするLo Stuzzichino(←クリックで英語サイトへ)はこちら。
何故かホームページのフォトギャラリーに、明らかにプライベートフォトとしか思えない赤ちゃんの写真などが入っているのもまた愛嬌(笑) ユルいね~。

ソレントから車がないと、どうにもこうにも行き着けない山の中、Massa Lubrenseにあるのですが、本当に活気あって美味しいアドレスです。

ご馳走様でした!!
[PR]
by maya-on | 2012-05-23 17:22 | 旅 - Bella Italia | Comments(2)

ナポリ〜海の幸を求めて〜

b0221071_7133751.jpg



電車が到着すると共に、今まで聞いたことのないような喧騒。
オーバーリアクション。大声。とりあえずなんでもかんでもやりすぎ目でちょうど良し。。

やってまいりました、いよいよ旅の本命(?)

ナポリへ!!


わたしはもはやお馴染みなここのカオス、果たしてヨーコとトンコには刺激が強すぎやしないか?
と危惧するも、さすが関西のオバチャンポテンシャルを存分に発揮。

「混沌としてるけど、私この街嫌いじゃないかも☆」

と余裕のお言葉。ホッ。


パスクワ(復活祭)間近で街も浮かれるイタリアの大阪・ナポリ、
とるものもとりあえず、魚介類尽くしの手料理でもてなしていただきました。

第一の皿は魚介のクスクス。本日のシェフ・マダムNの渾身の力作。
魚介の出汁がこれでもか!というくらい効いているパンチある一品。
ああ、いくらでも食べられる・・・・・でもこの誘惑に負けて実際に食べてしまってはいけません。

何故なら、


b0221071_7133968.jpg



メインがまだまだ控えているから!

イカの詰め物(中にはハーブやケッパーを効かせたパンがぎっしり)と、付け合せの

もちろんクスクスの前にも、やれ食前酒・・・やれタコのマリネ・・・やれチーズ・・・・だのと散々食べておりますので、メインにたどり着くまでの長いこと長いこと・・・・・

でも、やって来たなぁ・・・食い倒れの街、ナポリよ・・・・・・

と嬉しさ隠し切れません。

さて、南イタリア「食い倒れ」滞在記、乞うご期待。
(ちなみに、食べ物の写真は十中八九一眼レフカメラを鞄から出す間ももどかしく、ほぼiPhoneで撮影している故、少々画質が劣るかと。ご了承くださいemoticon-0110-tongueout.gif
[PR]
by maya-on | 2012-05-17 07:31 | 旅 - Bella Italia | Comments(2)

ヴェネツィア/フィレンツェ 素敵なお宿

今回、ヴェネツィアとフィレンツェでの宿泊の際にお世話になったのが、LA CASA MIAという所でした。

フィレンツェをはじめ、イタリア各地の素敵なB&Bやプチホテルの予約代行や現地サポートをしてらっしゃるChihoさん(ブログに飛びます!)、わたしはもともとブログのファンだったのですけれど、たまたまこのイタリア旅行を計画中、日本のBSテレビで、Chihoさんとそのご家族の田舎暮らし、という番組をヨーコが観たらしく、そこで少し紹介されていたあの素敵なB&Bに是非とも泊まりたい!!!ということで、今回ヴェネツィアとフィレンツェのお宿をこちらで手配していただく運びになったのです。

私も長い間ブログで見ていたフィレンツェの素敵B&Bに泊まれるとなり大興奮emoticon-0115-inlove.gif


ヴェネツィアでは、ガラスのモザイク工房と敷地を同じくするB&B ORSONI(←クリックでHPへ)という所へ宿泊。

b0221071_17362051.jpg


なんとも上品な内装、何よりお部屋が広い!
そしてなんと、こんなに素敵なテラスもついていました。

b0221071_17371418.jpg


ヴェネツィア・サンタルチア駅近く(ヴァポレットで一駅)なのですが、まったく喧騒もなく、駅近くのガサガサしたちょっと危ない雰囲気も皆無な落ち着いた路地の中。
オーナーの方もとても親切で、隣接したモザイクガラス工房の中を案内してくださったり、お勧めレストランを教えてくださったりと至れりつくせり。

このモザイクガラス工房から、かのバルセロナはサグラダファミリアのモザイクガラスも出荷しているそうですemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gif

とにかくオシャレで旅の始まり、いきなりテンション右肩上がりemoticon-0152-heart.gif


**********


さて、ところ変わってフィレンツェ。
こちらがヨーコとトンコ大本命、テレビで観て恋に落ちた(?)B&B、 Residenza Casanuova
です。
おばあさまが住んでらした昔の邸宅を改装して作られたらしく、オーナーは彼女のお孫さん姉弟。
それぞれのお部屋に「帽子の部屋」「傘の部屋」などテーマがあり、実際におばあさまが使ってらしたアイテムが素敵なオブジェ風に飾られています。

b0221071_1747367.jpg


私たちが泊まったのは、「帽子の部屋」。
調度品もよ~く手入れの行き届いた古いアンティーク家具・・・ため息ものです。
このベッドサイドのランプ・・・・持って帰りたかったよemoticon-0122-itwasntme.gif

朝食も、ああ丁寧に使われてきたんだなぁ、というお皿とカップでいただくビュッフェ。
オーナー姉弟のお二人も気軽にいろいろ観光の相談に乗ってくれて、素敵なサロンで朝食を食べながら彼らと話していると、なんだか友人の家に遊びに来た、みたいなめちゃくちゃくつろいだ気分になりました。

b0221071_17504334.jpg


こんな素敵なお部屋だから、一日を終えてホテルに帰るのが待ち遠しいほど(笑)
長い旅ではやっぱりお宿って本当に重要ですね。
こんなお部屋だと、夜レストランなんか行かずに美味しいワインとおつまみだけでずっとお部屋でダラダラのんびりしていたい・・・。


**********


この二つの素敵なB&Bが今回の旅に寛ぎと彩りを与えてくれたのは間違いありません。
LA CASA MIAのChiho様に感謝、こんな素敵なお宿に泊まらせてくれたヨーコとトンコにも感謝、そして暖かくもてなしてくださったB&Bのオーナーの方々にも大感謝。

皆様も機会があれば、是非。
文句なしにめちゃくちゃお奨め。

さて、花の都・フィレンツェを後にしまして次なる目的地へと向かいます。
再びフレッチャロッサ(イタリア新幹線)で3時間。

一路、あそこへ・・・・emoticon-0136-giggle.gif
[PR]
by maya-on | 2012-05-16 17:56 | 旅 - Bella Italia | Comments(5)

MLP Marathon Mannheim 12.5.12

b0221071_16391153.jpg



スタート前に・・・



つ、ついにやってまいりましたこの日が。
2012年ハーフ走り初めemoticon-0165-muscle.gif

以前にも書きましたが、このイベントは「Dämmermarathon(夕焼けマラソン)」と銘打ってあるだけあって、スタートも18時30分と遅め。
運動するときは割りと朝型のわたしは、これも少し不安要因だったんですが、まあそんなこと言っていてもしょうがないので、当日は朝からわりとのんびり過ごした後、午後3時ごろに車で我が家を出発。
通いなれた通勤路を、今日は本気のトレーニングウェアという装いでマンハイムに向かいます。


b0221071_16391246.jpg



スタート地点のWasserturm(給水塔)に着いてみると、まーこれがすごい人!
給水塔横のRosengartenという大きなホールが受付会場だったのですが、またここ、まさにこの間トリプルコンチェルトのコンサートがあった会場・・・この間はドレスで、今日は本気のランウェア、この差(笑)

何はともあれ受付会場でゼッケンとチャンピオンチップ(運動靴につけて走ると、センサーで正確なタイムを測れるチップ。これで測定されたタイムが公式記録になります)を受け取る。
ゼッケンにはまた名前が印刷されてあり、沿道の人たちが名指しで応援できるシステム。


緊張が高まり、ブドウ糖をつまむ手が止まりません。
と同時に、実況中継のパーソナリティーと緊迫感のある音楽で、テンションも上がってまいります!
今回、初ハーフ挑戦の友人もムラムラ緊張している様子!
「よっしゃ~くるでくるで~~」という気持ちと「ああ、これから21kmも走るんか・・・なんでこんなイベント参加してるんやろ、わたし・・・」という後悔が錯綜して、なんとも表しがたい気持ちの高ぶり。


そしてスタート!

21km地点までフルマラソンのランナーも一緒のコースを走るということで、その数は相当なもの。
フル・ハーフ・リレー競争等、合わせて9000人以上参加したとか!
最初はほぼ徒歩状態でトロトロ開始(でも、チップがスタート地点から作動してくれるのでタイムに影響はない)。

本気でタイムを獲りに行く友人とは一緒に走らず、ここでお別れ。
「グッドラック!」と爽やかに言い残し、彼女はぐいぐい前へ。

わたしは、今回の一番の目標として
・2時間15分以内ゴール
・歩かない

を挙げていたので、とにかくペース配分が大事、と思い、ランナーウォッチとにらめっこしながらペース調節。
最初はテンションも上がっているし、周りも頑張るので予想外にペースを上げすぎるのがわたしには命取り・・・と思ったので、グイグイ抜かされまくっても焦らず5分30秒~6分30秒/kmをキープ。

前回のカールスルーエマラソンは、「ダンスマラソン」との異名があるだけあって、いろいろなダンスクラブ(と生バンド)が沿道でランナーを盛り上げてくれるのですが、マンハイムはあまりそういう事はなくてストイックな感じ。沿道の人たちは、それでも「ヘイ、クリスチャン!その調子!!」「Super、マヤ!!」とか、ゼッケンの名前を呼んで応援してくれます。

5km地点の最初の給水ポイントは、飲みたいランナーが多くて渋滞するやろなー、それでペース動かしたくないなーと思って給水せず。これが良かったみたいで、そのまま良いペースを保って10km地点、折り返し。

まだこのあたりでは余裕もあるので、
20代の締めくくりにこのマラソンか~、っていうか、この21kmマラソンを20代の10年間に例えたら、いま丁度25歳くらいか~、あれくらいの時何弾いてたっけか、ああイタリアのコンクールとか行ってたくらいの時か・・・・
などと取り留めのない事に思いを馳せたりするのですが、正念場はココから・・・・

前回、17kmを過ぎたあたりから本当にしんどくて、太ももの裏の筋肉が硬直して上がらず、ちょっと歩いてしまったら急にいろんな箇所の筋肉が痛み出して、その後また走り出すのが本当に大変だった・・・という苦い経験があるもので、
今回は「とにかくどんなにしんどくても歩かない!」が17km地点からの注意事項。

しかし今回もやっぱり17km~19kmが一番辛かったぁ・・・。
前回のように、もはや足が前に出ない・・・なんていう事態にはならなかったものの、まぁこの心折れそうになる感じ!!!
しかも前回は、スタートからゴールまで一緒に走ったランパートナーがいたんですけれど、今回は一人。
孤独にブツブツ「ガンバレ・・・ガンバレ・・・・」と唱えながら(笑)、だんだん痛んでくるわき腹に気付かないフリをしながら前へ。

19km過ぎたころには、文字通り「峠は越したぜ・・・・!!」という感覚。

残るはあと2km、マンハイムの中心街に再び入ってゴールを目指すだけです。
ふと時計を見ると、意外にも6分15秒/km前後のペースを守って走行中。
こら、いけるかも!!とここでアドレナリン噴出、チョボチョボおばあちゃん走りだったのがイキナリ大股走行になり、ラストスパート。


b0221071_16391341.jpg



こんな感じで美しく日が暮れだした給水塔の周り、見物している人たちの声援をうけつつ・・・

や、やった~~~ゴール到達emoticon-0141-whew.gif

ヘロヘロで時計を見ると、タイム2時間13分

目標なんとか達成~~~~!!!


先にゴールしていた友人とも再会し、ひしと抱擁(笑)emoticon-0134-bear.gif
しかし友人、初ハーフ参加にして、まさかの1時間41分!!!!という脅威のタイムをたたき出しておりました・・・脱帽、さすが、素晴らしい!!!その体力、サイボーグ並。900人以上いた女性参加者の中で23位だとか・・・スゴスギーーー!

ちなみに私は900人中524番、中の下です。
でも前回から比べたらタイムアップ、なにより最後までペース落とさず走れて自分の中では満足!


いやぁ~、本当にしんどいのに、このゴールの後の爽快感があるから何だか苦しかったことも忘れてまた次走りたくなってしまうんですよね。
もしやこれって、世のお母様方が言われる「出産」と似たような感覚・・・?出産未経験なので自分では良く分からんが(笑)


何はともあれ2回目のハーフマラソン、今回も無事完走できて何より、でした!
今回のマンハイムと前回のカールスルーエを比べて思ったことは、

・マンハイムのコースは本当にずっとアスファルトで走りやすい?(カールスルーエは途中森に入る、そして森の中では声援等もほぼないので孤独な戦い)
・受付がスタート地点のすぐそば、特に屋内にあり、着替えや荷物預けの場所もそこに全部あるので便利、特に走った後に屋内に入って風をよけられるので良かった(カールスルーエは受付屋内、しかし後の会場が全部ばらけているので分かりにくい&遠い)
・でも、ランナーズへヴン(ゴールした後の給水・食事エリア)はカールスルーエの方が数倍充実!

という感じでしょうか。
何より、カールスルーエは地元で貴重品など持たなくても家から身軽に会場まで行けるところが魅力ですね~。やはり遠征すると、車のカギとか免許証とか持って走らざるを得ないので・・・。応援に一緒に来てくれる人でもいたら、その人に貴重品預けられるけれど。


さあ、今年9月にはカールスルーエマラソン、30周年記念大会・・・
まだ参加しようかどうしようか迷っているのだけれど、30歳になる年に奇しくも30周年の地元の大会に出ないっていうのもねぇ・・・と、またそんな語呂合わせのみに魅かれてエントリーしてしまう気がしています(笑)

おまけ
[PR]
by maya-on | 2012-05-14 16:33 | 走るピアノ弾き | Comments(2)

2012年初ラン目前~トレーニング状況~

b0221071_7135944.jpg



イタリア旅行記、一旦中断。

あれよあれよと言う間に今週末、5月12日(土)はMLP Marathon Mannheim Rhein-Necker 2012だっちゅうことらしいです・・・emoticon-0141-whew.gif

去年9月に引き続き、2回目のハーフマラソン出場なんですが・・・今回はちょっと結果があやぶまれるねぇ・・・・(弱気)。

なんせ去年のマラソン前ほど走りこみができていないのが一番の不安要因。
冬の間は寒くて外に走りにいけなかった、そして実を言うと、そのモチベーションがそもそもなかった、というお恥ずかしい理由がそれであります。

今ランナーウォッチを確認してみたところ、


**********

3月26日
23分ラン/3,73km
平均ペース: 6,07分/km
ベストペース: 4,26分/km


4月25日
44分ラン/5,36km
平均ペース: 8,19分/km
ベストペース: 4,14分/km


5月3日
1時間2分ラン/9,14km
平均ペース: 6,49分/km
ベストペース: 4,41分/km


5月6日
43分ラン/6,85km
平均ペース: 6,17分/km
ベストペース:3,02分/km

**********


以上・・・・emoticon-0124-worried.gif
あ、あと一度、家の裏の森に走りに行き、調子にのって森の奥まで進んでいったら、森のど真ん中で迷ってしまい、そういうこしているうちにGPSつきのランナーウォッチも電池切れを起こしてしまって、完璧に迷子&時間も走った距離もわからず、でも歩いていてもしょうがないからごっつい不安な気持ちを抱えながら走り続け、やっとこさ外の世界に出て無事に家に帰ってこられた時には走り出してから1時間30分たってた・・・
なんていうこともありましたな・・・・

そのときの1時間30分でマラソンシュミレーションできているかしら?


こんなザマで、何やら今回は非常に心配なのでありますが、考えてみれば
・前回のハーフの時も実は体調を崩していた&前の夜寝られず、相当な寝不足状態で臨んだ、でも一応ゴールはできた
・外で走ってはいないが、去年のハーフから週に2回はジムに通ってはいた(筋トレ&ランニングマシーン)

普段の心もとない基礎トレーニングが私を支えてくれるのでしょうか?!?!


目標は、とりあえず完走・・・・

いや、そんなことではいかんな。目標は常にちょっと無理し気味に・・・・
ということで、

2時間15分を目標にしたいと思います。
(前回は2時間28分だった。)

今回は職場のあるMannheim(マンハイム)にて。マンハイム名物・給水塔がスタート&ゴール。
楽しんで走れますように!!


そして最後に、余談ですがただ今マラソン本番を前に1週間の禁酒中。
自分にストレスをかけてモチベーションを逆に上げていく作戦です。
土曜日の夜が待ち切れない~~~~~!!!
[PR]
by maya-on | 2012-05-11 08:08 | 走るピアノ弾き | Comments(0)

Sienaまで日帰りトリップ

b0221071_649490.jpg



街も歩いたし、ショッピングも堪能したし(少々はじけすぎてクレジットカードの請求がオソロシイ。)、ウフィッツィ美術館で名画にまみれてきたし(文字通り!次から次へと名匠の画が目に飛び込んできて、本当にあそこは1週間通ってもまだ足りないでしょう・・・)、さて今日はどうしましょうか。


となったなら、フィレンツェ駅前の中・長距離バスターミナルから出ている1本に飛び乗って、フィレンツェから南へ約50kmのところにある中世がそのまま姿を残す街、シエナへ。


この日はかなりお天気も怪しく、曇り空とポツポツ雨の繰り返し・・・・だったのですが、一枚目のシエナ大聖堂は奇跡のように一瞬の晴れ間を頂き、その瞬間にパチリemoticon-0157-sun.gif


b0221071_6553569.jpg



こちらはPiazza del Campo(カンポ広場)。
中世の広場としてはヨーロッパ最大級だそうです。

しかし、こんなフォトジェニックな街にやってきて私のテンションは上がるものの、お天気が良くなかった上にマイカメラ・ニコン氏がご機嫌ななめで何故か絶不調・・・
ろくな写真がございません。

ということで、ヨーコとトンコにこの壮大なカンポ広場のレポートはお任せするっつうことで・・・・


b0221071_6584767.jpg



この厚い雲・・・返す返すに惜しいっemoticon-0106-crying.gif
まぁ、また改めて来なさい、という何かのお告げだね、こりゃ。


ユネスコ世界遺産にも登録されているというシエナ旧市街の街歩き途中、またしてもGABSバッグを取り扱うお店に絡めとられるように入ってしまい、散財のトラップにはまりそうになってしまいましたが(汗)なんとかトラップ回避に成功。
ひ~危ない危ない。
ユネスコすご~~って感動してる側から、俗な欲望に負けそうになる自分が情けない!


b0221071_713148.jpg



まったり歩いて、いよいよお天気も怪しいね・・・ちょっと早いけれどフィレンツェに帰ろうか。
(フィレンツェから出発するとき、切符売り場で頼むとフィレンツェ-シエナ間のバス時刻表をもらえるので、帰りのバスの時刻もすぐチェックできて便利でした♪)
と、シエナからのバスに乗り込むや否や、一気にゲリラ豪雨がザーーーーーッッemoticon-0156-rain.gifemoticon-0156-rain.gif
タイミングばっちりやん!!


フィレンツェとはまた一味違ったトスカーナの中世が垣間見れる街シエナ。
次回は是非晴天の時にリベンジを。
[PR]
by maya-on | 2012-05-10 07:07 | 旅 - Bella Italia | Comments(0)