「ほっ」と。キャンペーン


2001年よりドイツ在住、音楽大学/大学院卒業後今日もピアノ弾き・音楽院講師のON/OFFあれこれ。芋国ドタバタ日常・音楽・旅・ラン・食を中心にpiano piano(ぼちぼち)更新、お気軽にコメントをどうぞ。


by maya-on

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

カテゴリ

全体
芋国の日常
maya-ONモード - しごと
もぐもぐ - そとごはん
わいわい - うちごはん
旅 - Bella Italia
旅 - フランス
旅 - 芋国を再発見
旅 - 日本・アジア
旅 - 情熱のスペイン
旅 - オランダ
旅 - オーストリア
旅 - スイス
旅 - イギリス
走るピアノ弾き
おしゃれあれこれ
おいしいレシピ
気に入りのモノたち
BENTOプロジェクト
観る・聴く・読む・感じる
門前修行中カメラ小僧
ご挨拶/about MAYA
未分類

最新の記事

ようこそ
at 2016-10-04 19:58
黒い森・鱒散歩
at 2016-05-22 17:03
桜咲く日本へ〜広島
at 2016-04-13 17:04
近頃の癒しアイテム
at 2016-03-04 18:48
2月の記録-ひたすら日常
at 2016-02-25 18:02

以前の記事

2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

最新のコメント

Yoku1210さん ..
by maya-on at 20:00
ん~~~感動!!早く会い..
by Yoku1210 at 05:15
Naoさん そうですー!
by maya-on at 02:07
もしや I子さんママにな..
by Nao at 07:54
Naoさん ぎゃーほん..
by maya-on at 02:34
出だし遅すぎやわ。1月末..
by Nao at 05:56
Naoさん 本当にそう..
by maya-on at 20:03
ほんまにねー。フランスが..
by Nao at 05:09
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:14
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:10

お気に入りブログ

SEKAI NO WAT...
フィレンツェ田舎生活便り2
がびあーの家の毎日
little thing...
laboratorio ...
Il cielo e' ...
日々是日記 -まいにちの...

外部リンク

最新のトラックバック

シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..

検索

タグ

(46)
(39)
(37)
(20)
(17)
(16)
(16)
(14)
(13)
(12)

ライフログ

メモ帳

ブログパーツ

Desknet'sの基本操作方法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

<   2012年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

おふくろの味

b0221071_353211.jpg



旅行からは帰ってきたけど、まだまだ私の寄生…もとい、帰省生活は続きます。
どこでどんな美味しいものに舌鼓を打とうと、これを食べなきゃー芋国には帰れない@ヨーコの手料理シリーズ。

頂点に君臨するのは文句無し、石鍋がジュージューと雄叫びを上げる帝王・石焼ピビンパemoticon-0110-tongueout.gif
ナムルもすべてお手製。コンロで石鍋をチンチンに熱して、生卵が乗った中央からコチュジャンといっしょにひと思いに混ぜる!

友人一同がビッグウエストホテルに(実家)にご宿泊の際も一番リクエストが多いメニューがこちらだそうです。当然やろ。美味しいし!!


b0221071_3532592.jpg



続きましては同じく韓国料理、チャプチェと海鮮ニラチヂミ。
このチャプチェ、日本のヤワい春雨なんか使いまへんのやで。
芋の成分しっかり入った、モチモチ麺使用でかなりの食べ応え。
お肉もしっかり下味つけた牛バラ肉。

デカイボールに満杯作ってもらっても、無くなるまで永遠に食べ続けられると思う。
とりあえず写真のように綺麗に盛り付け、食べるまでのタイミングでヨーコが一瞬外出した際、皿からつまみ食いするとバレるな、と思い、お代わり用として控えているボールの中から直接こっそり、しかし豪快に盗み食い。

その数分後、ふとボールを覗くと何故か急激に量が減っている。
食卓で気楽な感じで仕事後の一杯を勝手に一人で始めておられる父マチャに
「ちょっと、チャプチェ食べたやろ。」
と厳しく問い詰めたところ、
「食べてませーん。ホラ、お皿まだ山盛りやんコレ。もーさっきからずっと我慢してんにゃん。お腹ペコペコやわぁ〜」
とシラを切り通すつもりらしいマチャ。

「そっちから食べたらバレると思って、スペアのボールの方からゴッソリ食べたやろ!」

「えええーー!!なんでわかったん?!コワイわぁ。」

…それはね…私も数分前にまったく同じ行為に出たからさ。
遺伝子の為せる技、そして食べ物の怨みはコワイ、という件。


b0221071_3533027.jpg



こちら手料理、とは言うよりかは、関西人なら家族の基本レクリエーションであるであろうたこ焼きパーティー、略してタコパ。
買っても美味しいけど、なんやかんや言いもって、家族で囲むたこ焼き機で作ったタコ焼きが一番美味い。
誰やー、ネギ抜きでオーダーした人。トッピングが自由になるのもおうちタコパの醍醐味。
私…?もちろんたこ焼き奉行です。


b0221071_3534149.jpg



徳島で買って帰ってきた「すだち果汁」と焼酎多め・氷で自家製すだちハイ。

平日も休日も関係なし、ビッグウエストホテルでは毎晩宴会でございますemoticon-0167-beer.gif
[PR]
by maya-on | 2012-09-28 04:22 | わいわい - うちごはん | Comments(6)

今度こそ・・・こんぴら。

b0221071_7404251.jpg



今度こそ、こんぴらさん参拝へ向けレッツゴー!
瀬戸内海の海を行きかう船を守る、「海上交通の守り神」であるといわれる金比羅宮。

参道の石段が本気モードだ、とは噂に聞き知っておりましたが・・・いやはやそれホンマやった!


b0221071_7431289.jpg



こんなマイナスイオン噴出中、みたいな写真だけ見てるとアレですが、お盆です。8月中旬です。
日本の・・・真夏です。

暑いも暑い、もう暑いっていうか、熱い。空気が。
ここ数年、コンスタントに運動しておいて本当に良かった・・・と思わせる、ストイックな石段です。


b0221071_745014.jpg



本宮までは、785段。
私、てっきりとここがゴールだと思いこんでおりましたが(再び無知YEAH!!)、コンピラー(こんぴら参拝経験者のことを指す)である父マチャによると、ここから「ちょっと」上がったとこに、さらに「奥社」なるものがある、と。
奥社を制することが出来なければ、正式なコンピラーではない、と。

よし、ちょっとか。
ちょっとなら、あと少し頑張るか。

・・・ちょっと、なら。


b0221071_7484715.jpg



・・・どの口や、「ちょっと」とか言うたんは。
ちょっとどころか、永遠に着かへんやないかい、「奥社」たるところへ・・・・!!!

本宮に到着した時点でバテバテ、「ちょっと」上ってくるわ、と景気よく歩き出す父マチャの言葉を信じずにその場で待つことを表明した母ヨーコ・・・・英断でしたね。

ほんで父マチャ、あなたの「ちょっと」の定義を私は向こう一生信じない。

奥社まで上ると伸べ1368段・・・・ほぼ倍やん!奥社まで行くエネルギーで、ほんまやったらもうほぼ下まで帰り着けてたやん!


b0221071_7522655.jpg



しかし、ヒーヒー言いながら上りきり、いちばん頂上から臨んだ四国は美しかった。
こりゃーここまで上りきったコンピラーにだけ許される贅沢だなぁ。
1368段上りきったということで、ド真剣にいろいろ神頼みして帰ってきました。(欲張りすぎたかも)


b0221071_7542691.jpg



「しあわせさん、こんぴらさん」

良いキャッチコピーですなぁ。
そして、その前に写る「ある」夫婦の笑顔も良いですなぁ。


1368段上ったっつうことは、また1368段下るんやんな・・・・という事実を身体で感じてギョッとするも、
一日前に100円均一のお店で購入したビーチサンダルでその2736段を踏破した妹017さん、すごいよなぁ、びっくりするわ

とか、

私のこのサンダルは100均でもなんでもないのに、なんや靴擦れして水ぶくれできそうやわ・・・と弱音を吐きかけたら、

「僕なぁ、奥社まで上って下る間に、すでにサンダル擦れて、水ぶくれ出来て、それもう潰れてん。」

と何食わぬ顔で言いつつ歩き続ける父マチャ(しかも今足に爆弾を抱え、数週間前は普通に歩くのもままならない諸事情があったのに)の訳の分からん精神力に更にびっくりしたり

とか、しながら歩いていたらあっという間にゴールでございましたわ。emoticon-0102-bigsmile.gif

(その後、ホテルにて、プロフェッショナルなタップダンサー並に笑う妹の膝を目撃し、更に更に驚く。膝ってあんな振れ幅で笑うんや!!)



こんぴらさんも参拝できて、これにて最終ターゲットも完了。
温泉にゆっくり浸かって、夜のお食事も美味しくて、本当に楽しい家族旅行でした。
毎度のことながら企画・運営・出資(爆)してくれたマチャ&ヨーコに感謝!ありがとう。

盛り沢山の四国旅行2012、これにて完。
[PR]
by maya-on | 2012-09-27 08:07 | 旅 - 日本・アジア | Comments(4)

こんぴらさん・・・その前に

b0221071_4401583.jpg



やって参りました、「こんぴらさん」こと金刀比羅宮。
こんぴらさんがある町は「琴平(ことひら)町」と言う、ってことを初めて知る。無知YEAH!

ことひら温泉が源泉であるという、まち一番の大きく立派な温泉ホテルにチェックインも済ませ、最終ターゲット・こんぴらさん参拝に・・・いざ!!


・・・の前に、腹ごしらえ(爆)


b0221071_4511362.jpg



う・ど・ん☆


高松市内で目標の3軒を達成できなかった私と父マチャ、心のどこかにモヤモヤした気持ちを抱えながらの琴平入り。(ハイ、似てるんすよ、私たち。顔も性格もね。)
妹017さんこそ、若さのなせる技で「うどんまだいけるかも」って言ってましたが、母ヨーコと弟など「なんか粉で胃が重い。しばらくうどんは食べなくても良いと思う」旨表明されていたのでね・・・

心残りだが・・・今回の旅では2軒だけか・・・・

などという気持ちでいたところに、こんぴらさんの参道に入るあたりで目に入ってきた「手打ちうどん」の文字。

「父マチャ!あれをごらんなさい!こんぴらさんにもうどんがあるぜ!」
「おお、娘!!!よし、こんぴらさん参拝前に力をつけていこうではないか!!!」


・・・で、悲願の3軒目 「こんぴらうどん 本店」

b0221071_52785.jpg


ここでは再びシンプルに「ぶっかけ 温」と、わたくし念願の「ぶっかけ 温+温泉卵」を。
た、た、たまごが・・・!
たまごとうどんのハーモニー、いやシンフォニーがたまらーーん!

たまご入ってたらアンタなんでも良いんやろ、っと思われる友人の皆様いらっしゃるでしょうが・・・まぁそうなんやけどさ。

こんぴらうどんの印象は、「めっちゃ美味しい"お店の"うどん」かな。
前述の2軒のような、目からウロコのディープさ、というか、今までまったく食べたことのなかったジャンルのうどん(ダシのブレンドとか、醤油の強さと麺のコシが全力でぶつかってる感じとか、ネギの切り方で突如切れるばあちゃんとか・・・・)ではなく、あくまでも自分が今まで想像し、かつ食べてきたうどんの全体的なバランスの良さを踏襲しつつも、全ての要素でレベルがまんべんなく高い感じ!

麺のコシはさか枝さんほどではない。
ダシはまろやかで美味しい。(ヨーコはここのおうどんが一番好きだったようだ)

父マチャはうどんと一緒に「参拝前の水分補給」と称して金色の液体をグビッemoticon-0167-beer.gif

う~ん満足。

***********
(株)こんぴらうどん
香川県仲多度郡琴平町680西山
0877-73-3128
***********


b0221071_5124321.jpg



こんな職人さんたちのお陰で打ちたてのうどんを食べられるというのはなんと幸せなことでしょう。

4時間で3軒・・・まぁ、今回はこんなところではなかろうか。
ちなみにこの3軒の中での個人的なトップは、「さか枝」さんのぶっかけうどん。
なんせ、麺のコシが今回の3軒の中では飛び抜けてすごかった。
そして、私たちのような観光客に、味の面でもサービスの面でも決して迎合し過ぎない、地元密着な空気(言葉を変えると「愛想あんまりない」・・・)

さぬきうどんの心、それは「コシ」と「エッヂ」だそう。
エッヂの効いているうどんはダシの中で茶柱のように立つ・・・のかどうかは知らないけれど、さか枝さんの麺にはどこか、そのエッヂたるもののアグレッシヴさがあったように・・・思う(あくまでも当社比)。

しかし、ネギばあちゃんのやわらかうどんも味わいがあったし、
こんぴらうどんの完成されたバランスも良かったなぁ・・・

次回は一日3軒、3泊4日くらいでうどん巡礼の旅を企画したいと目論んでおります。参加者募集中。
皆様も是非、さぬきで新たな自分うどん史の1ページを開きましょう!
[PR]
by maya-on | 2012-09-25 05:25 | 旅 - 日本・アジア | Comments(14)

さぬきうどん巡礼

b0221071_18554158.jpg



阿波おどりを心の底からエンジョイし、夜食に「徳島ラーメン」なるものを食したのち、ホテルで改めて酒盛り→心地よい疲れで一人、また一人と布団へダイブ・・・・(記憶途切れる)


さて、翌日・旅行2日目emoticon-0100-smile.gif

今日のメインは、わたくし麺食い・Mayaプレゼンツ(運転手・父)「讃岐うどん巡礼」となっております。
午後には「こんぴらさん」のある香川県・琴平町に到着し、こんぴらさん参拝もこの日のうちに制覇しておきたい父の要望で、この日の午前中、こんぴらさんへの通り道である、香川県は高松市の市街地中心に、少数精鋭のお店を回れる限りコンパクトに回ろう、という意向で、いざ。

うどんに備えて朝食はもちろん抜いております。

目標はとりあえず3軒・・・いざ!


1軒目 「手打ちうどん さか枝」

b0221071_1955674.jpg



地元の人も沢山食べに来る、朝6時から開いているうどん屋さんというふれこみ。
冒頭の写真も「さか枝」さん。

おお・・・これがかの有名な「さぬきうどん」の文化なのか・・・・と思わせる店内の様子。
セルフサービスが基本のうどん屋さん、とりあえず「ぶっかけ」か「だし」かをチョイスし、そこからのトッピングは本人に丸投げおまかせ。

ズラーーッとならぶ天ぷらの中から好きなものを好きなだけチョイス、なんと一律80円。
ちくわもアナゴも芋も、すべて一律なのが分かりやすい!

最後にこちらもセルフでネギ・天かす・しょうが等をトッピング。

この後まだまだ続く巡礼に備え、一軒目は控えめに「サイズ小」、トッピングもして一杯300円弱・・・・やす!
これぞさぬきのファーストフード・・・UDON。

気になるお味は、
「・・・え、ちょっと、何コレ、このコシ!!!!」
これに尽きました。今までうどんで感じたことのない喉ゴシを感じます。うまーーーーい!!

「だし」のブレンドもお店によって千差万別らしく、かつおが強かったりアゴだしだったり。「だし」をチョイスした母は「ちょっとしょっぱかった」と言っておりましたが、「ぶっかけ」(麺の上に醤油をダッとかけ回すのみ)の方はあっさり味で非常に美味しかった。

私が今まで食べてた「うどん」なるものは、「うどん」ではなかったのかも・・・と密かに心の中で焦り出す、そんなさぬきうどんとの邂逅。目からうどん・・じゃなくて、うろこ落ちまくりでテンション上がりました。

***********
手打ちうどん さか枝
香川県高松市番町5-2-23
087-834-6291
***********


2軒目 「赤坂製麺所」

間髪いれずに次です、次。
こちらはちと趣向を変え、うどん屋さんというよりも、そのまま製麺所。出来立てその場で食べてってースタイル。

b0221071_1916567.jpg


おぉ・・・このディープな掘っ立て小屋感。
この中には更にディープなばあちゃんが。

赤坂製麺所名物「歌う麺打ちばあちゃん」が待ち構えており、巡礼客を翻弄するのです。

腰は曲がり、しわしわで一見「だ、大丈夫かばあちゃん・・・?」と思うのですが、更にか細~い独特の節回しで何やらずっと歌っておられる。

「ぶっかけ~ひ~とつ、だしひ~とつ♪ お~かねはそこに入れと~いてっとぉ~~
ネ~ギは自分でハサミで切って~~~・・・

・・・ネギは自分で切るーーー!!!!真ん中からこうやって切---るのーーーーー!!!!emoticon-0132-envy.gif

・・・モタついてると、突如ぶち切れられますのでご注意。

シュールな図に妙な非現実感を感じつつ、自分でうどんの丼ぶりを外に持っていき、冷房皆無のあっついあっつい屋外のテーブルにて食す。

b0221071_19215181.jpg


こちらが「(おばあちゃんに怒りの指導を受けつつ)自分でハサミで切ったネギトッピングのぶっかけ」。
こちらの麺は・・・1軒目に比べてかなり柔らかい。味付けもさらにシンプル。しかしシンプルだけに、粉の味が引き立つかんじ。七味が嬉しい。

***********
赤坂製麺所
香川県綾歌郡綾川町陶5781−6
087-876-2104
***********


2軒回って、かなり胃袋もどっしりきております。
しかし!私はさぬきにうどんを食べにきているんだよ。今食べなきゃーいつ食べる?!?!

同じく麺食い父・マチャと意気揚々と3軒目への気持ちを高め、車を飛ばす・・・も、「釜揚げうどん」が秀逸だ、という噂の某有名店、ディズニーランドもびっくりするほどの長打の列(約2時間待ち)・・・!
うどんに2時間・・・あんな回転速い代物に2時間・・・・

卵好きとしては、半熟卵と麺が絡み合う絶世のハーモニー「釜揚げ生玉うどん」をスルーするなど言語道断なのですが、泣く泣くここは諦める。

そしてここでタイムリミーーーット!
2軒のみで巡礼を終えるなどうどんの神様に失礼だ、と思いつつも、こんぴらさん参拝もありますのでうどん巡礼は一旦打ち切り。

弟の「うどん、しばらくええわ・・・」の声を聞きつつ一路西へ。
[PR]
by maya-on | 2012-09-24 19:32 | 旅 - 日本・アジア | Comments(4)

阿波おどりフィーバー

b0221071_3511525.jpg



腹ごしらえもしっかりして、いざ阿波おどりへ。

実はこの午後、とんでもない豪雨が徳島を襲い、午後じゅうずっと駅前デパートで雨宿りを余儀なくされるというハプニングがあったのですが、阿波おどり本番が始まる約1時間前、日暮れの頃には見事に雨もやんでめちゃくちゃラッキー。

阿波おどりって・・・アレっしょ、
「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損ソン・・・」
ってやるやつっしょ?

くらいの知識しか携えずに参戦したのでしたが、結論から言うと、

いやーーーこれ、めっちゃ楽しい!!!


阿波おどりは、いくつもの「連」なるグループが街中を踊り歩くというイベントですが、その「連」に参加していなくても、飛び入りで踊れる「にわか連」なるものがある・・・・と予習した私どもも意気揚々と夕方から阿波おどり会館のホールにて開かれる「有名連と習う阿波おどり」なるイベントに参加。

1時間みっちりと、阿波おどりのプロ集団である「有名連」(阿波おどりに参加する「連」には、プロである「有名連」の他にも、例えば大学のサークル連や、会社の有志で参加する連などがあり、プロアマ入り乱れているようです)と阿波おどりを学ぶ時間。

簡単ですよ~、大事なのは、右手と右足、左手と左足を一緒に出すことです、つま先で前・うしろ、前・うしろ・・・そうそうそう~~~

などとおだてられて踊ってみるが、なかなか難しい!
しかも、なんか気楽に踊っているように見えて、両腕はあげっぱなし、足のステップも筋肉が必要で、5分も踊ってると激しく汗ばんでくる始末emoticon-0107-sweating.gif


ひょー、すごいな!これハードやわ!!と踊っているうちに楽しくなってきて、最初はホール内の客席でステップを踏んでいるだけだったのが、促されるままステージ上へ・・・


「やっとさー・やっとさーーー!」
とか言いながら踊っていると、いやこれホンマに楽しいです。
皆さん騙されたと思って、一回踊ってみるとよろし。

やっぱり日本人のリズム感覚に合ってるのかなぁー、あの単調な表打ちなリズムな感じがとても心地よい!
面白いのは、若い人たちより中高年のオバチャン・オッチャンたちのリズムの絶妙な取り方!!
めっちゃウマイですよ、中高年代のマダム・ムッシューたち。


・・・などと楽しく阿波おどり会館で時間を過ごしている間に、阿波おどり本番の開会間近です。
急いでカメラを抱えて沿道に。待つことしばし・・・・・・

キターーーー!!!


b0221071_453770.jpg



こ、これはすごい臨場感!
ヤットサーのリズムが体に染み渡るぅ~~。


b0221071_463155.jpg



優雅な女踊りも美しいし、


b0221071_472435.jpg



対極的に激しい男踊り(この連は女性が男踊りも踊ってらしたけど)が個人的にはもっと好き。


b0221071_481714.jpg



子供もヤットサー!

1かけ2かけ3かけて、しかけた踊りはやめられぬ。
5かけ6かけ7かけて、やっぱり踊りはやめられない!!

の掛け声にテンションは右肩上がりです。日本人ならやっぱコレだぜヤットサーー!


b0221071_495474.jpg



日はとっぷり暮れても踊りはつづく。

ちなみに、有名連の方々に教えてもらった阿波おどりで「にわか連」のパレードに参加しようと思っていたのに・・・・練習しただけでどえらく疲れて、本番にまでたどり着けず、でしたemoticon-0141-whew.gif阿波おどりのファンキーさとハードさ、なめてかかってましたスミマセン!!

また来たい。必ず来たい。
阿波おどり未経験の皆様、本気でお勧めです!
ぜひ、来年のお盆は「ヤットサー徳島」へ。
[PR]
by maya-on | 2012-09-21 06:47 | 旅 - 日本・アジア | Comments(4)

海女料理で海鮮三昧

b0221071_32220100.jpg



サクサクと徳島県へ到着。四国地方、実はわたしは初めてなのです。
この日は阿波踊りの初日。普段はのどかな所なのでしょうが、今日に限っては人の出もスゴイ。

淡路島でのはも会席を見送りましたので、皆ハラペコ・・・とりあえず食べよ!!

と、向かいましたのはガイドブックでの写真が非常~にそそられる「海女料理」なるもの。

海女、と言うからにはとことん海鮮なんでしょうな・・・?
という我等の期待に150%応えてくれた素晴らしきかな魚介類づくし!


b0221071_326214.jpg



まぁまぁ、とりあえず・・・・
平日の昼からビールemoticon-0167-beer.gif、これが一番ウマイよねぇ。クーーーー!!

「昨日はKONISHIKIさんがうち来られましてね~~(阿波踊りに参戦するらしい)」
などと話しながら、一つのテーブルにつきオバチャンが一人付きっ切りで海鮮を次から次に焼き上げてくれるシステム。
クーーーー!!至れり尽くせり。
冒頭の写真、伊勢海老のお造りなど、まだピクピク本体が動いておりますemoticon-0104-surprised.gif


b0221071_328519.jpg



このように、豪快な盛りでたらいがやって来ます。焼いてくれるオバチャンとトークしつつ、焼けたホイッ!とお皿に載せてくれるので、私どもはひたすら食べるのみ・・・恍惚。


b0221071_3392597.jpg



こんなデカイ岩牡蠣も・・・!!いやはや。
予想と期待を遥かに上回る「海女料理」。毎日予約で一杯なのも当然ですなぁ。
大満足の昼食を終えて、向かうはさぁ阿波踊り。


**************
海女料理 ししくい

〒770-0874 徳島県徳島市南沖洲4丁目5−7 1
088-664-0990
**************
[PR]
by maya-on | 2012-09-20 03:42 | 旅 - 日本・アジア | Comments(2)

お盆だよ!全員集合

b0221071_1944910.jpg



仕事も終わってバカンスモード。
折りしも時期は8月中旬のお盆、これを機会に普段のフィールドはバラバラな我が家のメンバーがSHIGAの実家に全員集結。

今年は東京の社会人@弟も意外と長くお盆休みをいただけたということで、家族水入らずで1週間も実家で過ごせるのはなんと約10年以上ぶりという快挙。テンションも上がります。


せっかくなので、旅行だ旅行!!
とイベント好きの我が家で計画された今年のお盆旅行は、

「四国・瀬戸内海食い倒れツアー」(←また食!)

関西から淡路島を抜け、第一ターゲットは「淡路島のハモ」。
そこから四国地方に入り、第二ターゲットは「徳島県の阿波踊りと瀬戸内海の海産物」。
さらにそこから香川県へ向かい、第三ターゲットはもちろん「讃岐うどん巡礼」。
最終ターゲットは「こんぴらさん」参拝と「こんぴら温泉」。

どうですか!この盛りだくさんなプラン。旅程はしめて二泊三日。

しかも、お盆の帰省ラッシュ、主要高速/幹線道路が混みに混むであろうこの時期に、敢えて飛び込むアグレッシヴさ。
通れる抜け道は全部駆使していったろやないかい、と若干別の方向に情熱を燃やす父。
ヨッシャいこ!!


旅の始まりです。


予想どおり、高速道路は出発直後から大渋滞の予感。
「大阪手前から渋滞30km・・・・こらあかん!」
と、父。ハードルが高ければ高いほどやる気が出る彼、ナビやiPhoneを駆使しまくって回り道。

急がば回れとはこの事やな、さすが!

などと調子にのって、こちらはこちらで早速昼食の根回し。
母の大好物「鱧」を淡路島でいただくという第一ターゲットの為、淡路島の某ハモ料理屋さんへ電話するも、

「あ~・・・ハモねえ。まだ出してますけど、
正直もうあんまりそこまで美味しくないですよぉ

と、まさかの!ド正直なアドヴァイス・・・
どうやら8月のハモはもう遅いらしい・・・
ていうか、私たちには有り難いけど、商売する気あんのかな、このお店・・・

まっ、料理出してはる人が6月の鱧が良いって言うてはるんやし、今回は見合わせよっ

という母の鶴の一声で、早速第一ターゲットの回避が決定。
おぉ・・・フレキシブル~~


b0221071_1925289.jpg



ということで、ハモの代わりといってはアレですが、淡路島に渡る直前のサービスエリアにて明石名物、おだしにつかった「明石焼」を堪能。
サービスエリアといえどもおだしの味がやさしくて美味しかった!
LOVE関西のだし文化。


さて、淡路島をこのまま一気に縦断して一行は四国地方へと入ります。
これからしばらく、四国旅行記にお付き合いくださいemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by maya-on | 2012-09-19 19:27 | 旅 - 日本・アジア | Comments(2)

2012.8.11 里帰りコンサート

b0221071_5584846.jpg



びわ湖花火大会が終わればお盆も間近。

今年は、お盆休み直前の週末、皆さんが実家に帰省してこられるだろう時期に、地元・栗東市の歴史民族博物館で開催された「里帰りコンサート」に出演させていただきました。


「里帰り」というのは、来られるお客様はもちろんのこと、出演者も然り。

滋賀県出身で現在はフランスで勉強されており、私の高校の先輩でもあるフルーティスト・若林かをりさんと、栗東市出身で現在フランスはディジョン在住、ディジョン音楽院の伴奏ピアニスト・鈎 奈美子さんのデュオ、そして同じく栗東市出身である私・大西真矢でお送りさせていただいたこのコンサート。

同じ栗東、滋賀で育ったものの、今はまったく違うところで暮らしている私たちをこのような縁で再び繋いでくださった主催の栗東音楽振興会(RISS)の皆様に大きな感謝を。


コンサートは、歴史民族博物館のロビーにて。
大窓からは立派な石像。
奈美子さんの旦那様が撮ってくださった上の写真、石像に見守られているかのように(睨まれてんのか・・?!)本当になんだか有難みのあるショットです。
(私信→ディジョンのねえさま、写真頂きました!事後報告スミマセン・・・)

フルートとピアノのデュオはもちろん、ピアノのソロ、鈎さんの娘さんと若林さんのフルートデュオ、鈎さんと私でピアノ連弾・・・と、バリエーション豊かなプログラムで飽きなかったー!などと温かいお言葉を聴衆の方からも頂きましたが、どこにいてもここに帰ってきて良いよ、と地元・栗東の方々が迎えてくださっているような気がして・・・演奏させていただいているのに、何かこちらの方が皆さんに喜びや優しさを与えて頂いたような気持ちで一杯になるコンサートでした。


共演者の方々ともこのご縁で、これからまたこちらでも何か一緒に創っていけたら良いなぁ、と思います。
皆様、ありがとうございました!
[PR]
by maya-on | 2012-09-18 07:49 | maya-ONモード - しごと | Comments(8)

びわ湖花火大会2012

b0221071_71361.jpg



個人的な夏の大本命。
今年もやって来ました、びわ湖花火大会!

実は毎年、この日に照準を定めて日本帰省の予定を立てている…?という噂も無きにしも非ず。
その甲斐あって(?)、今年もいって来ました。

日本以外の場所に住んでいて、ご飯だとか四季だとか、プロ意識徹底したサービスだったりとか、日本が恋しくなることは沢山ありますが、個人的には花火、これこそ日本が誇る世界最高峰の芸術の形…
欧州でも大晦日から年をまたぐ瞬間にはどこの大都市でも花火が上がりますし、アメリカの独立記念日に上がる花火を見たこともあるけれど、なんか…こう、そこまで琴線に触れない、というか…。


b0221071_713819.jpg



今年のびわ湖花火大会には、高校時代からの悪友、大阪の人妻こと木の下のポットと、更にはたまたまその日一日だけお休みだった彼女の旦那氏も巻き込み、うちの母と妹と共に参戦。
花火となると着たくなる浴衣も着付け名人の母にかかれば無問題。瞬く間に三人分、サクッと着付けて頂きまして、いよいよ花火に向けてのテンションも上がって、いざ。

会場の琵琶湖畔は、もちろんものすごい人出で、琵琶湖近くの最寄り駅はすでに交通規制中。
途中、花火鑑賞中の酒類やつまみを勇んで購入したりしていた我がグループは少々出遅れ、一杯の人の中、普段は穴場と言われる我が家の指定席に腰を落ち着ける隙間もなく、こりゃぁ今年は座って観られないわ…と諦めかけたところ、

「ちょっとお姉ちゃん、ここ私らまだ場所あるし、座り座り〜」

と、レジャーシートに座っておられるグループの方々からの有難い申し出!
おそらく朝早い時間から席とりされていたと思われるかなりのベストポジションで、琵琶湖の湖上二箇所から打ち上げられる花火両方がバッチリど真ん中から鑑賞できるではないですか。

えー、でも悪いですし…

「えーのよー!どうせ場所余ってるから!お姉ちゃんたち可愛い浴衣みんな着てはるし♪」

うわー、まさかの浴衣評価!浴衣グッジョブ!っていうか、着付けてくれたヨーコグッジョブ!!

…というわけで、有難く全然知らない人のレジャーシートの一角を使わせてもらい酒盛り開始。日も暮れ暑さも和らぎ、いやもうビールが美味しいのなんのって。
(そして私達が座らせてもらった後もまだ数人ラッキーな若者グループがおばちゃんたちに席を分けてもらってた。おそらく気合入れすぎて、人数分より広い相当な面積を押さえておられた様子…)


b0221071_713928.jpg



そして花火は…今年も素晴らしかった。
特等席で観させてもらった(ふとレジャーシートの横を見ると、某テレビ局の中継カメラが…なるほど、一等地だ。)こともあると思いますが、花火ひとつひとつが一流の花火師によって生み出され、愛情をこめて空へ打ち上げられているのがよく分かったし、花火の完成度はさることながら全体の構成がやはり日本の花火は秀逸。
あのテンポ感、色彩感覚、緩急のつけかた、そしてクライマックスに向かうにつれて高まる高揚感…!


b0221071_18523768.jpg



いやー、日本に生まれて良かった、ありがとう!

浴衣着せてくれたヨーコ、ありがとう!

レジャーシート譲ってくれたグループの方々ありがとう!!!

「俺…今日気づいたけど、花火めっちゃ好きやわ…!」
と帰路、ぎゅうぎゅう詰めの電車内で感無量につぶやいてくれた友人の旦那はん、ありがとう(^O^)/
私も、私もやでー!まぁ私は今日気付いたわけちゃうけどなー!

花火がこの世にある限り、夏には日本に、いや滋賀にいたいですなぁ。


…アツく夏の思い出などを綴っていますが、こちら芋国は栗の実も木の上から容赦なく落ちてくる晩秋の天気。
今日の朝、8時前に出勤するため外に出ましたら、吐く息が白くて驚愕…!
真夏の大阪、某駅ビル内にて、友人木の下のポットに
「いや先取りしすぎやろ!」とツッコまれつつ購入したファーの襟巻…出動まで秒読みですよ。9月中旬で。
あゝ芋国。
秋の味覚を心の支えに頑張ります。
なにはともあれ金曜日!週末は近いぞアイアイサー。

皆様も素敵な花金の一杯を。
[PR]
by maya-on | 2012-09-13 06:59 | 旅 - 日本・アジア | Comments(6)

2012.8.7 ヴォーリズ記念音楽会

b0221071_6311184.jpg



今回の日本行きの目的は、8月7日に滋賀県・近江八幡の近江兄弟社学園にて行われた「ヴォーリズ記念音楽会」に出演させて頂くためでした。

近江兄弟社学園は、幼稚園から高校までの一貫教育の学校で、私の母校でもあります。
創立者で建築家のウィリアム・メレル・ヴォーリズ、一柳満喜子両先生の教えに沿って、学校はプロテスタント系。
数年前の大々的な改装で、こんなに立派な礼拝堂が出来、コンサートグランドピアノも入ってここで様々なコンサートが企画・運営されています。

今回は学園の卒業生によるコンサートということで、高校の卒業生で現在はドイツ・フランクフルト歌劇場で歌手を務めてらっしゃる歌手(アルト)の森 公美さん、小・中学校の卒業生で東京音大の大学院に在籍中のハーピスト、大西伶奈さん、そして同じく小・中学校の卒業生である私の3人でのジョイントコンサートを企画していただくという運びになったのです。


b0221071_638682.jpg



ご覧のように、会場にも多くのお客様が足を運んでくださり、子供さんから年配の方まで本当に幅広い年齢層の方をお見受けしました。
プログラムは、そんな幅広い層の方々にまんべんなく楽しんでいただくために、出来るだけ皆が知っている曲、もしくは聴いたことがあるかな・・・?という曲、耳に心地よいロマン派の曲を柱に、歌・ハープ・ピアノのソロはもちろん、ピアノ×歌や歌×ハープ、またハープ×ピアノ・・・と、いろんな楽器のコラボレーションが実現できるようなプログラミングに。


b0221071_6413462.jpg



そしてこのコンサートで、実妹のハーピスト伶奈氏との初共演も実現emoticon-0115-inlove.gif
短い時間(そしてハープコンチェルトだったので私はオケパート担当、実際一緒に弾く部分はビックリするほどホントに短かったんですけど!)でしたが、嬉しくてワクワクな瞬間でした。
ハープとピアノはお互いの役割がカブってしまう(何せハープは、ピアノをべりっとはがして縦にして、直接弦をはじいているようなもんですし・・・)ので、ハープとヴァイオリンとかハープとフルート、などの王道コンビのように沢山デュオ曲があるわけではないけれど、是非これを機会にこれからも一緒に活動していきたいなと思います。


b0221071_734677.jpg



余談・・・ハープと一緒の舞台に立っていると、舞台を見つめるお客様の目つきが一様にそこはかとなく優しく潤んだ感じ!ピアノだけで舞台に立っているいつもとあまりにも様相が違うので動揺しましたが、どうやらハープという楽器のあの優雅さとものめずらしさ?があのウットリムードを作り出す模様。「うわぁ・・・ハープ・・・・ステキやん・・・」的なさ、ホラemoticon-0152-heart.gif
こんなうっとりな視線を浴びていつも弾いているのか、妹氏・・・うらやましいぜ(笑)


b0221071_75314.jpg



最後には、3人で坂本九さんの「見上げてごらん 夜の星を」を。
創立者、W.M.ヴォーリズ先生が作詞、R.シューマンの小曲からメロディーをとった学園の校歌も高校の合唱部の皆さんと一緒に演奏させていただき、最後には賛美歌の1曲を会場の皆様、そして私たち3人も参加して歌い、コンサートは幕を閉じました。


舞台のバックの大窓からは八幡山が一望でき、夕方のちょうど日暮れ時から始まったコンサート、プログラムがすすむたびに、窓の向こうの太陽がじょじょに沈んでゆく・・・・という最高のロケーション、真摯に耳を傾けてくださる最高のお客様、そして、母校の懐かしい職員や先生の方々の暖かく細やかなサポートに助けられ、校歌を演奏しながら胸にこみ上げてくるものが抑え切れませんでした(こらープロ意識!汗)。


心のこもった暖かいコンサートに出演させていただき、本当に幸せでした。
ご来場くださった皆様にも、この場を借りて、改めまして御礼申し上げます。

学園の、ますます音楽シーンの発展を心からお祈りしております。
[PR]
by maya-on | 2012-09-10 07:13 | maya-ONモード - しごと | Comments(6)