2001年よりドイツ在住、音楽大学/大学院卒業後今日もピアノ弾き・音楽院講師のON/OFFあれこれ。芋国ドタバタ日常・音楽・旅・ラン・食を中心にpiano piano(ぼちぼち)更新、お気軽にコメントをどうぞ。


by maya-on

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
芋国の日常
maya-ONモード - しごと
もぐもぐ - そとごはん
わいわい - うちごはん
旅 - Bella Italia
旅 - フランス
旅 - 芋国を再発見
旅 - 日本・アジア
旅 - 情熱のスペイン
旅 - オランダ
旅 - オーストリア
旅 - スイス
旅 - イギリス
走るピアノ弾き
おしゃれあれこれ
おいしいレシピ
気に入りのモノたち
BENTOプロジェクト
観る・聴く・読む・感じる
門前修行中カメラ小僧
ご挨拶/about MAYA
未分類

最新の記事

ストラスブール散歩
at 2017-10-10 20:38
新年度、心機一転
at 2017-09-28 16:40
ようこそ
at 2016-10-04 19:58
黒い森・鱒散歩
at 2016-05-22 17:03
桜咲く日本へ〜広島
at 2016-04-13 17:04

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

最新のコメント

Yoku1210さん ..
by maya-on at 20:00
ん~~~感動!!早く会い..
by Yoku1210 at 05:15
Naoさん そうですー!
by maya-on at 02:07
もしや I子さんママにな..
by Nao at 07:54
Naoさん ぎゃーほん..
by maya-on at 02:34
出だし遅すぎやわ。1月末..
by Nao at 05:56
Naoさん 本当にそう..
by maya-on at 20:03
ほんまにねー。フランスが..
by Nao at 05:09
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:14
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:10

フォロー中のブログ

SEKAI NO WAT...
フィレンツェ田舎生活便り2
がびあーの家の毎日
little thing...
laboratorio ...
Il cielo e' ...
日々是日記 -まいにちの...

外部リンク

最新のトラックバック

シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..

検索

タグ

(46)
(39)
(37)
(20)
(17)
(16)
(16)
(14)
(13)
(12)

ライフログ

メモ帳

ブログパーツ

Desknet'sの基本操作方法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

タグ:ドイツ ( 39 ) タグの人気記事

Bodenseeを歩く

b0221071_17203954.jpg



8月も終わろうとしておりますが・・・6月の話。
でも真夏日みたいな6月の週末だったなぁ。梅雨のない芋国、これポイント割と高い。


b0221071_1721043.jpg



水を目の前にすると誰しもやっちゃうコレね。やっとこやっとこ。
湖の水、冷たくて透明度高くてとても気持ちよい。


b0221071_17211396.jpg



波も少なく穏やかなこの感じ、THE湖。
あぁ~~~~私いま滋賀にいる?琵琶湖のほとりに立ってる??
と錯覚してしまいそう。


b0221071_17213721.jpg



何しろ天気がよくて暑いので、アイス屋さんは大繁盛。
宿のおばちゃんが太鼓判でお勧めしてくれたこちらへ行ってみる。


b0221071_1721504.jpg



結果、大正解!!
ベリーてんこ盛り。アイスのお味もクリーミー
これ3つくらいぺロリといけるんちゃうか、と思うほど美味。
ビタミン摂ろ、ビタミン(言い訳)


b0221071_17224048.jpg



湖に沿って続く散歩道、反対側の斜面には一面にワインとなるであろうぶどう畑が。
温暖な気候(ドイツにしては、ね)でおいしいワインができるのでしょうか。
Bodenseeのワイン、今まではあまり知らなかったんだけど、街も割りと力入れて売り出しているようでした。

いや~気持ちいいね。
[PR]
by maya-on | 2014-08-29 20:15 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(0)

Bodenseeの同窓会

b0221071_17161538.jpg



南チロルの余韻も覚めやらぬ、6月。
日本では梅雨、しかし芋国の6月はたいがい気持ち良い晴天。
ピーカンに照るちょっと長めの三連休週末、大学時代の友人たちと前々から計画していた同窓会旅行へ。
舞台はドイツ最大の湖、ボーデン湖。

ドイツ・オーストリア・そしてスイスの三国にまたがるこの湖、もちろんドイツ側からは国の最南端に位置しており、気候温暖(もちろんドイツの他と比較して、ですよ)。
芋国人も大好きなドイツのリゾート。


b0221071_17164063.jpg



今回集まったメンバーは友人らとそのパートナーも合わせて総勢8名、キッチンつきのアパートを借りての滞在。
友人が見つけてきてくれたアパート。湖畔すぐではないけれど、湖から少しだけ山側へ入った見晴らしの良い集落にあり、眼下には見渡す限りのさくらんぼ畑・りんごの木々、そしてボーデン湖。
中庭への入り口が女子力高く、テンションうなぎのぼり。


b0221071_1717289.jpg



ワーーー☆


b0221071_17172130.jpg



キャーーー♪


b0221071_17174614.jpg



柄にもなくウキウキしちゃうほど居心地の良い共同の中庭スペース。
卓球台・ブランコ・グリル・テーブルサッカー・それぞれが自己申告でお金を据え置きの缶に入れると自由に飲める、ビールやボーデン湖で取れたりんごで絞ったジュースが入った冷蔵庫。

宿主ファミリーのあたたかい気持ちが一杯つまった、手入れ完璧なアパートに出迎えていただき、楽しい予感しかしない同窓会旅行の幕開け。


b0221071_1718974.jpg



エントランスにも、ボーデン湖産フルーツで作られたジャムや果実酒などの販売コーナー。
こちらも勝手に持ってって、数と金額は自己申告でチェックアウトの時に教えてねー、のスタンス。
こんな信頼関係が成り立っている場所、まだまだあるんだなぁ。
[PR]
by maya-on | 2014-08-14 00:18 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(0)

Chiemsee - Oberbayern

b0221071_19173583.jpg



南ドイツ・ミュンヘンを州都とするバイエルン州。
私が住むバーデン・ヴュルテンベルグ州と共に教育水準が高い州(そして祝日が多い・・・コレ重要・・・)として知られていますが、アルプスも近いので自然が沢山あって良い所。

ミュンヘンからオーストリアのザルツブルグまで、ほんの2時間ほどで行けるのですが、その道中にドイツで3番目に大きい湖Chiemsee(キーム湖)という湖があります。

たまたま近くまで来ていた週末、お天気も良かったので湖沿いを歩いてみた。

ウォーーーー綺麗!


b0221071_19173680.jpg



夕暮れの色が湖に映り、なんともいえない雰囲気です。

あぁ、やっぱり水のある風景は、イイ。
海もイイけど、湖のこの静かさと深さは独特。

びわ湖の側で大きくなった私には、湖が与えてくれるパワーのようなものがとてもしっくりくるみたい。
そんな事を意識して過ごしたことなんてなかったのに、不思議なものです。
原風景というのは心の中にずっと消えずに残っているのですね。
それが私にとっては水や湖。
ほかの人にとっては、それが山や森のにおいだったり、また視界いっぱいに広がる真っ青な海や波しぶき飛び散る日本海だったり・・・
はたまた、都会の喧騒が一番落ち着くわ、という人だっているだろうし。

でも、どうしてか分からないけれどこの景色の中にいると自分の心があるべきところに収まる、みたいな場所を自覚できるのは幸せなことだなーなどと思う。
びわ湖ではないけれど、同じような気持ちになれる場所がここにあること。

もし住むところを選べる日が来るならば、やはり水の景色がある場所に住みたいなぁ・・・との思いを新たにしつつ、湖ボーーッと眺めつつ、グビグビいったバイエルンの名物ビールがまた美味しかったんやわ068.gifプハー!ハイ来た、花より団子。


この辺りは山の綺麗な空気のせいか、冬でも雲が出ずにピーカンに晴れるお天気がほかのドイツの街に比べて多いそう。
確かに、太陽がでていてもぶ厚い雲にさえぎられてドヨーンとしているわが街に比べ(それでもカールスルーエはドイツのなかで三本の指に入るくらい温暖なところ。)太陽の日差しが強い!
感覚的には丁度、スキー場でお天気の日に感じる日差しのような。

紫外線のことはさておき、冬にまっすぐ感じられる太陽の光というものはそれだけでありがたいモンです。

縁あってバイエルンが身近になった2014年、さっそくこんな素敵な場所に出会えたことに感謝。
この近くには湖を臨みながら楽しめる温泉施設もあるらしい・・・次回はそれを是非。
[PR]
by maya-on | 2014-02-05 19:15 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(2)

Esslingen am Necker

b0221071_841150.jpg



2013年クリスマスマーケット特集(?)第二弾。
Stuttgart(シュトゥットガルト)近郊の街、Esslingen am Necker(エスリンゲン アム ネッカー)、ネッカー川沿いのエスリンゲン、の意。

改めてクリスマスマーケットについての文献(っちゅうほど大層なモンでもない)を読んでいたら、ドイツの三大クリスマスマーケットは

ドレスデン(最古)
シュトゥットガルト(最大)
ニュルンベルグ(最も有名)

だとか。
ちなみにドイツがクリスマスマーケットは世界で一番栄えているらしく、ドイツ三大というのはそのまま世界三大の意なんだそうですなー!

個人的にはニュルンベルグが世界で一番デカイと思い込んでいたので、近所のシュトゥットガルトの方が大きいらしいという事実にちょいと驚きました。

で、せっかく妹も妹の友人も遊びに来ているので世界最大を謳うシュトゥットガルト行っとくか?という案もあったのに、敢えてのこっち、エスリンゲン


b0221071_843486.jpg



…というのも、エスリンゲンには他と一味違う、「中世のクリスマスマーケット」なるものが開催されるから。
ほら、屋台が中世風。
売り子さんも中世風。
芋国人のゴツめな作りの顔立ちに中世の地味な衣装が似合い過ぎている件…


b0221071_845197.jpg



グリューヴァインもテラコッタの可愛い器で出てきます。
タイムスリップしたような気分でテンション上がるが、コップに持ち手がないのでグリューヴァインでテラコッタあったまり過ぎて指先でしか掴めないトラップ…
コップの持ち手考案した人天才か!


b0221071_85890.jpg



食べ物も、屋外の薪オーブンで豪快に当時と同じような粉の配合で田舎パンが焼かれていたりして楽しい。
盛り付けも豪快に(こぼれてもうてるやん…)鹿肉のシチュー。
まぁ実際しょっぱかったんやけど…保存目的、中世の味の再現なのか否か…ちゃうよね、おそらく。


b0221071_853368.jpg



町並みもレトロで可愛らしいネッカー川沿いのエスリンゲン(何かの工業が盛んで、実はめっちゃお金持ちの街らしい)、他ではあまり見られない一風変わったクリスマスマーケット散策を楽しみました。

今シーズンのクリスマスマーケット探索はこれにて終わり。
美味しいグリューヴァインをありがとう…
[PR]
by maya-on | 2014-01-16 02:02 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(2)

秋のぶどう畑

b0221071_5312371.jpg



月曜日!
やっと気持ちも体調も上向きになってきた気がする10月上旬の週明けです。
季節の変わり目は気持ちもお天気も不安定…毎年何かしら転ぶ、学ばない自分。

仕事でもいくつか心配ごとやストレスを感じる出来事があり息が詰まっていたら、友人が新鮮な空気吸いに行こう、と連れ出してくれた先々週の日曜日。


b0221071_5313162.jpg



フランスとの国境沿い、Pfalz-プファルツ地方に広がるぶどう畑。
ここはワイン街道としても有名で、点々と連なる小さな村に無数のワイン農家が。
秋の始まり、収穫の季節の始まりを感じさせるものが沢山。
実をつけ出したりんごに栗の木、あそこになっているのはくるみ、あの藪の中に見える赤い実はローズヒップ、森の中の道ばたに目を凝らしてみれば、食べられないだろう種類だけれどきのこがあちこち…

植物や動物の知識がすっぽり抜け落ちており、恥ずかしくなるほどの私につきっきりで森の生き物食べ物を懇切丁寧にレクチャーしてくれた森ガール・(元)ボーイの友人ありがとう。

力強いのに優しい森の空気に包まれ、なんとなく鬱々としていた気持ちも大分晴れました!


b0221071_5313886.jpg



そして時を同じくして街中で見かけた運命の出会い。
一目惚れアワード2013のグランプリ間違いなしです。
どこに置くか、自分には今これが本当に必要なのか、などと吟味すること皆無でお持ち帰りを決意したモザイクのミニテーブル。

もうどの角度から見ても好き!
色味もフォルムも悶絶な好み度。

自然に助けられ、物欲に助けられ。
なんとなくしんどい時は手を替え品を替え、自分をだましだまし…^_^
また何日か仕事頑張り先週の木曜日、10月3日は東西ドイツ統一記念日。
そのまま金曜日も振替休日の4連休にもプチお楽しみ企画を自分に与えて馬にニンジン作戦…

連休の様子は次回にて。

皆様も良い1週間の始まりを!
[PR]
by maya-on | 2013-10-07 22:28 | 芋国の日常 | Comments(2)

夏休暇来たる

b0221071_18152745.jpg



ヒャホーー!
無事、今年度の仕事も納めて待ちに待った夏休暇に突入しております。

休暇の初日は所用で再訪した学生の町・テュービンゲン、今回は時間もあるのでネッカー川の上を手漕ぎボートでユ~ラリマッタ~~リ・・・・・058.gif
お天気も快晴で半そでから出た両腕だけがとんでもない焼け方をしてましたが(長ズボンを履いていたので足はカマンベールチーズ並に白いまま・・・・)休暇なんでもう何でもどうでもヨイ。


その後地元カールスルーエにて日本から来る妹017ちゃんを待つ。
017ちゃん登場と共に芋国にもこの10年で一番かと言われる大熱波が到来、気温37度越えという脅威の数字を記録・・・・37度て。体温並み、いやむしろ微熱気味ですやん。

あぢいあぢいと皿から水が蒸発したカッパのようになりつつも、やはり休暇なので最終的にはノープロブレム!


b0221071_18152976.jpg



いつか結婚したら揃えていきたいな・・・・などと乙女な夢を柄にもなく見ていたものの、一向にそんなチャンスも訪れないのでスッパリと路線変更し、30代にどっぷり漬かった記念として両親から誕生日プレゼントにいただいた・・・初めてのマイ・ルクルーゼ鍋。


b0221071_18153278.jpg



記念すべきお料理第一弾は、Zuppa di polipo e cozze(タコとムール貝の魚介スープ)でした。
とは言え、作ったのは私ではなくお抱えコックだった訳だけれども!

じっくり出した魚介のスープとたっぷりのタコ・ムール貝の一番底にかた~くしたバゲット(ラスク的な?)が敷いてあり、これがスープを吸って爆発的にウマくなっているんですよ。

冷やしたスパークリングワインもしくは白ワインと一緒に。
017ちゃんとわたくし、悶絶。


・・・そんなこんなで今年は日本遠征もなく、ゆったりと地元で夏を過ごしております。
日本に行けないのはちょっと悲しいけれど、天気さえ良ければ欧州の夏も楽しい。
今年は諸事情あって、段取り好きの私としてはヤキモキするほど夏の旅行の予定も立たなかったのですが、やっと数日前にラストミニッツ予約で8月中旬から1週間弱のドライブ旅行も決まったし。

いやぁ(私の)夏はこれからだぜ。
エスプレッソマシンと電話の回線とガスコンロのスイッチが何故か一気に壊れたりもしたけれど、これも夏休みに入っているからこそすこぶる鷹揚に対応できてそこまでイライラしないぜ!(←強がり?)

しばらくネジの緩みきった小学生のなつやすみにっき的記事が続くかもしれませんがご容赦ください。
[PR]
by maya-on | 2013-08-01 18:56 | 芋国の日常 | Comments(2)

夏真っ盛り-祭りだ!

b0221071_7272629.jpg



さてヘンゼルとグレーテルも終わってラストスパート真っ只中。
現場設営・本番を目の前に緊張ピークまだ高まり俄然ワタワタしだす生徒たちのケア等で頭から煙が出そうになる私への激励&お誕生日のお祝い、と村の職場の仲良し同僚数人が村の気持ちよいオープンカフェでご馳走してくれたランチ。

と一緒に仕事前に真昼間から運ばれてきたプロセッコ。

ベリーのさりげない飾りがカワイイ!

プレゼントには、Holunder(エルダーフラワー・西洋ニワトコ)のお花から作った自家製のシロップやジュレなど。(うしろに少し見えてます)

シロップはスパークリングワインに少し入れてもふわっと甘みがついておいしいし、シンプルに冷えたスパークリングウォーターに入れてもサッパリいただけて夏の味。
ジュレは、意外とグリーンサラダの上にちょっと載せてドレッシングと混ぜて頂くとGOOD。

あぁー私も(せまいけど)風通しの良いうちのキッチンで保存食/果実酒作りなどに没頭したい・・・・


b0221071_7272862.jpg



で、一仕事終えて数日ぶりに自宅に帰ってきたら、うちのまん前の通りが封鎖されこんなことに!
普段は両側にびっしり路上駐車されている車も駐車禁止になり、せまい一方通行の道いっぱいで催されし「夏祭り」・・・
食べ物の屋台のオーガナイズはなってないけれど、即席の舞台に設置されたアンプの接続は完璧で2km先からでも「何事?!」と思わせるまでの大音響、そしておそらく地元出身?ホビーミュージシャンたちのアツき演奏・・・・うるせーーー!!!!

お昼前から始まり日が暮れても延々と続いていた夏祭り、
ちょっとこれあんまりじゃね・・・?
と思いつつも、数日前にポストに投函されていた主催者ヤング団体からの

「うるさくなると思うけどゴメンね!この紙と引き換えにドリンク一杯無料になるから来てね!」

なるお手紙を頂いちゃってた私たちと友人はまんまとビールなど頂き

ま、ええか・・・・

と丸め込まれてしまったのでした。やっぱり何事もちょっとした気遣いでえらい違い。グッジョブヤング団体。

そして永遠に続くかと思われたフェスタ、アルコールも存分に入り盛り上がりに盛り上がってたのに、夜10時過ぎて「アレ、なんか静かになった・・?」と、ふともう一度窓から通りを覗いてみれば、さっきまでハダカで踊り狂ってたヤングたちがほうき・チリトリ片手に黙々と清掃作業中(笑)

あ、そこはちゃんと自分でやるんや・・・・さすが芋国人。


そんなこんなで芋国にも確実に夏は来ております!
ゴキゲンな太陽の光を浴び、歌えや遊べ若人よ、働けワタシ・・・!あと一息。
[PR]
by maya-on | 2013-07-17 17:07 | 芋国の日常 | Comments(4)

Tübingenの地ビール

b0221071_648088.jpg



7月ですね、まいど!

いやー2013年も下半期突入しちゃったよ。どないしよ。
働きアリのように動き回ってると毎日の過ぎるのが早いこと。
でもあんなに天気の変動すごかったのに大きく体調崩すこともなく過ごせているのは有り難い。このまま夏休暇まで走り切るぜぃ〜

ということで、こちらはネッカー川沿いの学生の街・Tübingenです。
芋国の親友がここで学生時代を過ごしたりで特に地元からは近くないけどなんだかゆかりのある街。
小さいながらも旧市街はおもちゃの街の様で雰囲気たっぷり。


b0221071_6481588.jpg



山の上のお城の登って喉も渇いたところで一日のハイライト
ぷっはー!カーーーッ!
写真の麦酒は酵母がろ過されず残っているHefeweizen(ヘーフェヴァイツェン)。
キリッと冷えたラガーもいいけどそこまで暑くならずに空気も乾燥している芋国で飲むヘーフェもオツ。。



b0221071_6482872.jpg



そしてもうビール醸造処来ちゃったらメニューもこんなんなりますよね。
この辺りSchwaben地方の名物、Spätzle(シュペッツレ…小麦粉と卵の入った太麺。食感はパスタというよりすいとん系)に仇のように乗る豚肉… 食べたけどね、全部!

何よりネッカー川眺めながら外で飲むビール、これが何よりのご馳走でした。


さ〜今年度(こちらは9月が新年度で7月が年度末)の仕事も大詰めでございます。
来週末にはうちのピアノクラス主催の子供向けプロジェクト、その後は生徒たちの年度末恒例発表会…
その後の6週間夏休暇を餌に、残すところはあと3週間ほど。
ゴールは近いぞ…健康第一でいきましょう!

お腹出して寝たらあかんよー(こないだそれで風邪引きかけた…30にもなってアブネーアブネー)!
[PR]
by maya-on | 2013-07-05 16:57 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(4)

Burg Hohenzollern

b0221071_645573.jpg



おっちゃん…何眺めてはるの??


b0221071_6452246.jpg



と眼下に広がるは見渡す限りのパノラマビュー。
晴天の日曜日午後にピッタリな風情ですな。


b0221071_6454380.jpg



こちら、ネッカー川沿いの大学の街・Tübingen(テュービンゲン)からほど近い山の上に位置するBurg Hohenzollern(ホーヘンツォルラン城)。
さすが星の数ほど城がある芋国…ハイデルベルク城やノイシュヴァンシュタイン城だけではありませぬ。
こちらは今も個人の所有となっていますがお城の内部が一部分公開されており見学できます。
ガイドの方の地元色溢れる解説(言うたら方言)つきで、しかも私語とかコソコソしてるとすかさず名指しで注意して来るという、小学校の歴史の授業受けてるみたいな錯覚起こさせてくれるツアーです。ガイドさんはそんな押し出し強めなおばちゃん率が高いもよう。


b0221071_646226.jpg



いやーこの手入れされた状態を維持するだけで今日日、莫大な費用がかかるよねー貴族も大変だな。

そうなんです!その維持費用はみなさんの入館料で賄われていますから。今日家に帰ったら、知り合いもっとこのお城を宣伝して下さい。

と真顔でガイド先生様に言われたもんで、ひっそりここで宣伝と変えさせて頂きます…

天気が良ければけっこう楽しい穴場スポットでした。
[PR]
by maya-on | 2013-07-03 18:13 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(2)

フライブルグを歩く

b0221071_6411316.jpg



数日前、奇跡的に夕方17時30分に仕事終わり。
ここぞとばかりに最近行けてなかったジムに足を踏み入れ入口カウンターでチェックインした所、いつもにこやか&親切&誰にでもフレンドリーな感じで接客をするインストラクターの鏡、みたいな兄さんが。
チェックインの際にコンピューターに名前が表示されるので、すかさず

ヘイ、マヤ!

とか

楽しんでワークアウトしてこうぜ、マヤ!

みたいにやたら個人名連呼してくる(某コーヒーショップチェーンのようだ)のは良いのですが、この日はまさかの変化球


「マヤ オニシィ(こういう風にしか発音できない。またオーシニじゃないだけ合格さ)!!
オニシィってさぁ!日本でけっこうメジャーな苗字だよねっ、違うかい?」

えー…大西ってメジャーか…?田中とか、ドイツのミュラー的なメジャーさはない気すんねんけどぉ…
と思いつつも若干トーク展開するテンションでもなかったので(申し訳ない…)、

うーん、まぁあるっちゃあるよね。

的にお茶を濁してロッカールームへ進もうとする私の背中にめげない彼の言葉が刺さった!


b0221071_6413047.jpg



「いやぁー、ほんと日本人って素晴らしい国民だよね!
俺の友達の日本人なんて、毎回出会うと両手を胸の前で合わせて(ジェスチャーも加えてくれた)、ホラ、あるじゃん日本の挨拶のポーズ!毎回だぜ、毎回!あれで深々とお辞儀をしてくれるんだよ!!

いやぁ、マジであれは感動するよね、正直なとこ!!

つうことで、良いワークアウトの時間をっ!!」


…兄さん、なんか日本人に対して良い印象持ってくれてるみたいで、喜ばしいね。そしていつものようにそのフレンドリーなスモールトークもありがとう。

でも…

その友人の日本人だという輩…十中八九、モグリだと思うぜ??
少なくとも私が両手を胸の前で合わせるのは食事前後と誰かに必死で何か頼み込む時くらいだぜ??


b0221071_6414845.jpg



おっと、ジムの一コマが衝撃すぎて肝心のフライブルクにまったく触れず終わっちまうところだったよ。
Kaysersbergからそのまま東に、ライン川を挟んでのドイツ側に位置するのがフライブルク。
せっかくなので、短い時間ながら夕暮れ時のフライブルクも散歩してきた。

大聖堂が有名なのかな?
緑がたくさんな学生の街で、こじんまりとしているけど活気がある所です。
街並みも良い意味でドイツっぽく可愛い。

ゆっくりとオープンテラスでビール飲みながら日向ぼっこでもしたいようなお天気の日だったので大聖堂近くのレストランはどこも大盛況のようでした。

さて、今週もお疲れ様です。
週末はお天気持ち直してくれると良いのだけれど!!
[PR]
by maya-on | 2013-06-28 16:26 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(2)