2001年よりドイツ在住、音楽大学/大学院卒業後今日もピアノ弾き・音楽院講師のON/OFFあれこれ。芋国ドタバタ日常・音楽・旅・ラン・食を中心にpiano piano(ぼちぼち)更新、お気軽にコメントをどうぞ。


by maya-on

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
芋国の日常
maya-ONモード - しごと
もぐもぐ - そとごはん
わいわい - うちごはん
旅 - Bella Italia
旅 - フランス
旅 - 芋国を再発見
旅 - 日本・アジア
旅 - 情熱のスペイン
旅 - オランダ
旅 - オーストリア
旅 - スイス
旅 - イギリス
走るピアノ弾き
おしゃれあれこれ
おいしいレシピ
気に入りのモノたち
BENTOプロジェクト
観る・聴く・読む・感じる
門前修行中カメラ小僧
ご挨拶/about MAYA
未分類

最新の記事

ストラスブール散歩
at 2017-10-10 20:38
新年度、心機一転
at 2017-09-28 16:40
ようこそ
at 2016-10-04 19:58
黒い森・鱒散歩
at 2016-05-22 17:03
桜咲く日本へ〜広島
at 2016-04-13 17:04

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

最新のコメント

Yoku1210さん ..
by maya-on at 20:00
ん~~~感動!!早く会い..
by Yoku1210 at 05:15
Naoさん そうですー!
by maya-on at 02:07
もしや I子さんママにな..
by Nao at 07:54
Naoさん ぎゃーほん..
by maya-on at 02:34
出だし遅すぎやわ。1月末..
by Nao at 05:56
Naoさん 本当にそう..
by maya-on at 20:03
ほんまにねー。フランスが..
by Nao at 05:09
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:14
Yoku1210さん ..
by maya-on at 21:10

フォロー中のブログ

SEKAI NO WAT...
フィレンツェ田舎生活便り2
がびあーの家の毎日
little thing...
laboratorio ...
Il cielo e' ...
日々是日記 -まいにちの...

外部リンク

最新のトラックバック

シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..

検索

タグ

(46)
(39)
(37)
(20)
(17)
(16)
(16)
(14)
(13)
(12)

ライフログ

メモ帳

ブログパーツ

Desknet'sの基本操作方法

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

タグ:ドイツ ( 39 ) タグの人気記事

どたばた

b0221071_624262.jpg



Kloster Maulbronn in September(9月のマウルブロン修道院)



こんなお天気が懐かしい・・・ポップに気温氷点下の芋国からお送りしています。
ついぞ1ヶ月半前はまだまだ半そで着てたのに。今やダウンコートなしには朝夕チャリにも乗れない寒さ。

今日、10月31日はハロウィーンたる行事であったもよう。
毎年友人たちと、何かしらのイベントは企画する我が家ですが(夕食会なり仮装なり・・・)、今年はバタバタと忙しく、泣く泣く仮装も諦めた。

何故バタバタしているのかと言いますと・・・


b0221071_7172843.jpg



オーニシ家芋国支部、引越しです。

この2週間くらいであれよあれよと決まった話でなかなか慌しいのですが、ごくごく近い場所に新しい住処を作るべく、秋休みにも関わらず毎日ダンボールに荷造りしては家具を解体し、懐かしい写真や手紙に仕事を中断されては自分の物持ちの良すぎる事実に絶望し・・・

引越し@芋国、もちろん引越屋さんを頼むでもなく、できるところは全て自分で!
がモットーですので、ベッドも自分で解体しますし自前の電動ドリルで壁に穴も開けます。

明日、新居のカギ引渡しが終わったら、早速壁のペンキ塗りかしら?


しばらく引越しネタが続く・・・(もしくは、疲労のあまりブログ更新が途絶える)かもしれませんが、お付き合いよろしくお願い致します!
[PR]
by maya-on | 2012-10-31 22:01 | 芋国の日常 | Comments(2)

Kloster Maulbronn

b0221071_18315744.jpg



ドイツは毎日かなり冷え込みも厳しくなってきました。
夏時間から冬時間への切り替えまであと少し・・・(10月最終日曜日に時計の針を一時間戻す)冬時間になれば、一気に日も短くなること間違いなし・・・・


まだ今より暖かかった9月、長かった夏休みの最後の日曜日に遊びに来てくれていた友人夫婦と一緒に、近くのKloster Maulbronn(マウルブロン修道院)までドライブに行ってきました。

このマウルブロン修道院、うちから車で30分もかからない所にあるのですが、ユネスコ世界遺産。
シトー会修道院のなかでも、建物が最も良好な状態で保存されているそう。

ヘルマン・ヘッセ「車輪の下」の舞台にもなっています。
これは私も知らなかったのですが、ヘッセ自身もこのマウルブロンにある神学校に通っていたこともあるそう。


b0221071_1838937.jpg



付属教会の内部。
わりとシンプルです。
外は晴天で暑かったのに、教会の中はいつでもひんやりと空気の流れが遅い。


b0221071_18395279.jpg



こちらも教会の中。
窓も素敵だけれど、天井のあしらいがとても可愛い。
ボーッと見ていると、何だか小さな宇宙を眺めているような不思議な気分に。


b0221071_18415550.jpg



こちら、外観。
現在は修復中なのか、写真に写っていない半分は幕で覆われている状態が続いており残念。
しかしこの日は絶好のドライブ日和、ピーカンの晴天で青い空が眩しかった。
ドイツの夏の終わり、こんな風に晴れるととても美しい。


b0221071_18434421.jpg



数百年前の修道士たちも、この大きな木の木陰で涼を取りつつ憩いの時間を持っていたのだろうか・・・
などと思いを馳せつつ、私たちはジェラートなめなめ帰路へ。

夏の最後の太陽をたっぷり浴びて満足のお散歩ドライブでした。
[PR]
by maya-on | 2012-10-17 18:47 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(4)

国境沿いのワイナリーにて

b0221071_4372394.jpg



ということで、「ヨーコとトンコの大冒険」、行き先は、車で1時間足らずのドイツ・フランス国境沿い、ブドウ畑ど真ん中の小さな村でした~~~~003.gif


・・・て、ウソですがな。


大冒険スタートの前に、序章として是非ともお二方を連れていきたかったのがここ。
ドイツとフランスの国境ギリギリにある、Schweigen(シュヴァイゲン)という小さな村でした。

ワイナリーで、レストランもやっておられるWeingut Leiling(←クリックでドイツ語のサイトに飛びます)。
私と友人たちにはお馴染みでお気に入りのお店の一つで、是非この雰囲気を母にも味わって欲しく。

幸いお天気で、清清しいこと!!

こりゃ~、Pfalz(ドイツ・ワイン街道の地域)名物の白ワインがさぞかしうめ~ぜ!!

と思っていたら、思惑通り、ヨーコ&トンコ、気持ちよい飲みっぷりを見せておられました。(私は運転手で泣く泣く自粛・・・)


b0221071_4474859.jpg



この豪快な盛り・・・・!
(それでいて、味は意外ととても繊細。)

「ワー、すごい美味しいーーー」
と、ガッツリいっておられるお二人でしたが、ふと不安になって

「それ、ちなみに前菜やからね・・・この後、普通にメインくるからね・・・・」

と釘を刺してみたところ、「ひぃ~~~~」ってなってました。
まぁ、そら、なるわな・・・・・ウェルカム トゥー 芋国。


b0221071_4514360.jpg



ホラ、そんな事言うてる間に来ました、メインが。

私は大好きな鴨の胸肉・にんじんのピューレとポテトグラタン添え。
(芋国に住んでいるくせにあまり芋が好きではない私なのですが、ここのポテトグラタンは本当に絶品です!!)

ヨーコたちには、プファルツ地方の肉の盛り合わせなど。
肉塊を見たお二方、「いや、無理ー!!」となっておられましたが



b0221071_4544176.jpg 

このデザート(二種類のソルべ・スパークリングワインがけ)は超・お気に召していたご様子。
ていうか、お腹はちきれそうとか言いつつ、デザートまで到達してますやん・・・・・(笑)

なかなかのポテンシャルを秘めたお二人。
翌日からの、旅本番にも期待が高まります!!!


地元のワイン街道を後にし、帰宅&私は血眼でパッキング。
さて、出発の時は迫る・・・・
[PR]
by maya-on | 2012-04-19 05:10 | もぐもぐ - そとごはん | Comments(8)

ミュンヘンのビアホール

b0221071_761672.jpg



こちら2012年1月1日のランチです。
そう、日本の伝統的で厳かな新年の宴は叶わぬとも・・・・ビールなら浴びるほどあるぜ~!なミュンヘン。
肉食女子なら、元旦から肉いっとけ!の心意気で、迷わずミュンヘン市内にある、Augustiner Bräuへ。

1月1日のランチじゃぁ・・・皆昨夜のドンチャン騒ぎでまだビールどころじゃないだろ、とたかをくくっていましたが、まぁワサワサいましたわ、元旦の昼から順調にアルコール摂取している輩が。
っていうか、私たちも同じ穴のムジナやがな。

写真手前は500mlのグラスですが、奥に写っているのはなんとMass Bier(マース)、1Lジョッキっ068.gif068.gif
この1Lジョッキにブタの丸焼きを注文し、勢い良く2012年を始めたなら、もう今年は間違いないね、あなた。
ちなみに、私はビールの国に住みながら「ビールを飲むとお腹が一杯になってしまって食べ物が楽しめなくなる」という食い意地の張った理由から、どちらかというとワイン呑みです。(←別にいらん情報。)


b0221071_715014.jpg



ご覧下さい、このボリューム・・・・・011.gif
ちなみにMassのジョッキはかなり重く、このビールを飲んでいるだけでマッチョな腕の筋肉が期待できそう。これぞ正に、一石二鳥066.gif

私はブタの丸焼きではなく、写真手前のWeißwurst(ヴァイスヴルスト=白ソーセージ)を。
白ソーセージは新鮮なソーセージをボイルして(お湯じゃなくて、若干ブイヨンなども入っているのかと思う。)、外側の皮を剥き、シンプルに頂くのですが、本場ミュンヘンでは

Weißwurstは午前中に食べるべし!

が鉄則になっていると聞きます。

その心は・・・午後になるとソーセージの鮮度が落ちるから。このシンプルなメニューは鮮度がキモ!!

っちゅうことですね。


b0221071_7193186.jpg



白ソーセージの付け合せは、もちろんSüßer Senf(スィートマスタード)とBrezel(ブレッツェル)!!!
Brezelは南ドイツで特によく食べられるパンで、もちもち食感が本当に癖になる!
高校三年生の夏・・・生まれて初めてドイツという地に降り立ち、Brezelを食べた時に、私はその後の進路を自分の中でかたく心に決めた・・・・と言っても過言ではありません。(おい!)


「いやぁ~、昨日の夜ごはんも遅かったし、あんまりまだお腹空いてへんわぁ~~~」

などと言いつつビアホールに入ったわたくし・・・もちろんガッツリ完食(ビール500ml込)ですわ。オホホ・・・・012.gif


こちらのビアホールAugustiner、ミュンヘン市内にいくつも支店がありますが、噂と自身の経験によりますと、大きな所より、小さいお店の方が美味しいようです。キッチンもそれぞれ違うから、出てくるビールはもちろん同じ銘柄ですが、メニューには多少味に差が出てくるんですね~。

ということで、小さい方の支店はこちら


**************
Augustiner am Dom
Frauenplatz 8 80331 München
URL
**************


ミュンヘン名所、フラウエン教会のすぐ側です。
ミュンヘン旅行の折には、お試しを♪

今年も肉食べてがんばろ~~~!な元旦のランチでした。
[PR]
by maya-on | 2012-02-29 07:32 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(0)

冬のミュンヘン

b0221071_21283370.jpg



少し元気になってきたので、たまりにたまった記事をなんとかアップすべく頑張ろうという意気込みです。
パソコンに向かえるようになってきたという事は、体調も戻ってきた証拠ですなぁ。

さて、2011年から12年にかけての年越しを、今年はドイツ・ミュンヘンで。
(いや、いくら何でも年越しの話はもう遅いで!あかんで!!!・・・と誰もが思っているでしょう。私も思っています。)

もともと、ごく小さなグループでミュンヘンでの年越しを計画していたのですが、フットワークの軽い仲良し隣人たちとその親戚・家族・友人等も加わり、最終的には総勢11人でのワイワイ年越しに001.gif

こちらの年越しは、日本のような厳かな感じとは程遠く、親しい友人と家でチーズフォンデュを食べたり、はたまたレストランにお食事に行ったり。
その後0時と共に、大きな町では打ち上げ花火。
打ち上げ花火がなくとも、ここぞとばかりに売り出される家庭用花火(・・・・とは言え、かなり大きい打ち上げタイプの花火なども多く、元旦0時を過ぎてから外を出歩くのは本気で危険です。酔っ払った輩たちがそこここで秩序なく花火を打ち上げていますので。)をそれぞれが購入して、0時到来をまって一斉に点火!というシステム。

そんな訳で、レストランも予約客で大盛況な大晦日。
11人という大所帯なので、そもそもこの年の瀬ギリギリで、まだテーブルの空いているレストランなんてあるのだろうか?ミュンヘンの美味しいレストランも地元ではないので知らないし・・・・

でも、美味しくないものを大晦日に食べるなんて絶対にイヤだし・・・・・(食いしん坊揃いのグループ全員の共通の思い。)


・・・ということで、それぞれのコネクションを駆使し、本気のレストラン探しに数日間を費やし、ミュンヘン中心部のとある「チョイオシャレ系ドイツ料理レストラン」に席をキープすることに成功。


b0221071_213947.jpg



鴨の三変化・創作前菜や


b0221071_21401316.jpg



フィレステーキにくるみとトリュフ(だったっけ?)のラビオリ(これ、かなり美味しかった!)


などなど、お料理はそこそこ美味しかったのですが、運悪く、
「なんで大晦日にアタシがこんなところで働かないといけないのよ・・・ちっ」というノリを徹頭徹尾崩さない、非常~~に愛想のない、ある意味とてもドイツ的なサービス担当に当たってしまい、感動半減。

ということで、写真とか載せといて、敢えてお店の名前は出さずに放置ということで(笑)。
なかなか美味しかったのに、残念・・・・。
結局0時過ぎまでそのレストランに居ることになったのですが、0時になったと共にレストランの従業員は全員花火を観に(?)客をほったらかして外に出てしまい、お会計も出来ずに、私たちテーブルで待ちぼうけ026.gif
普通、このランクのレストランなら当然あるであろう、0時ちょうどのサプライズ的なサービス(まだ沢山居るお客さんのためにグラス一杯のスパークリングワインとか。)もまったくなく、なんだかいつの間にか年を越してしまってました。おい・・・・。

しかし、大好きな人たちと一緒に大晦日を過ごせただけで、ありがたい。
夜中1時近く、やっと外に出て持参したスパークリングワインの栓を抜こうとすると、見事などしゃ降りでびっくりしました(笑)が、気を取り直して皆でカンパーイ!


まだ続くミュンヘン小旅行、翌日に備え、アラサーはおとなしく就寝です。
明日はビアホールへ068.gif
[PR]
by maya-on | 2012-02-28 21:49 | 旅 - 芋国を再発見 | Comments(2)

J.S.Bach:クリスマスオラトリオ

b0221071_842738.jpg



この間の日曜日、ちょうど第3アドヴェントの日曜日に当たる日の夕方、カールスルーエの中心マルクト広場にあるStadtkircheという教会である、J.S.バッハのクリスマスオラトリオを聴きに行ってきました。

なんとわたくし、10年この街に住んでいるというのに、市庁舎の真向かいにドーンと構えているでかいこの教会に入ったのは、この日が初めて012.gif
ええ、もぐりのカールスルーエっ子と言われてもしょうがありません。

とにかく、「うちの大家の奥さんが合唱団員として出演しているらしいから行ってみよう」というポップなノリで、隣人(のような、もはや家族のような)姐さん。と共にうちから歩いて5分ほどの教会に行ってみましたら、なんとあなた、チケットを求める人の長蛇の列!

「合唱団員とオーケストラの家族・親戚全員集まってるな、これは」

とか軽口を叩いていたのも束の間、満員御礼で入れないのでは?という事態に・・・

結局、なんとか入場はできたものの、2階・さらに3階席まで満席で、ステージが見える席はもうない、と・・・。

何なんだ、この集客力は?!と思ったのですが、このアドヴェント期間にあるクリスマスオラトリオを聴きに教会に出かける、というのは、日本でいう「行く年来る年」的なイヴェントなのかな、と。

アドヴェントには、家族揃って教会に出向いて、子供が寝ようが、ゴソゴソしようが、最後までオラトリオをじっと聴く。
そして、音楽を聴きながら、過ぎた一年、そして来る新しい一年に思いを馳せる・・・
という、「節目の儀式」のような役割があるのかなぁ、という印象を受けました。

クリスチャンではない私も、やはりバッハの旋律とハーモニーは非の打ち所なしに美しいし、合唱団の歌声が天井の高い教会に響く様も、迫力がある。

在独10年にして、ドイツ風の「ゆく年くる年」を体感することのできた、興味深い体験でした。


オラトリオの後は、教会のまん前で盛大に開催されている、もちろんこちら。

b0221071_8155933.jpg


カールスルーエのWeihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト=クリスマスマーケット)です。
携帯電話のカメラで無造作に撮ってしまったので、いまいち迫力に欠けるところは失礼いたします。

マーケットの行きつけ屋台で、豚のステーキ・ローストオニオンたっぷりに西洋ワサビの摩り下ろしをこれまたたっぷり挟んだサンドウィッチに、焦がし砂糖とラム入りのグリューワイン・Feuerzangenbowle・・・

う~ん・・・極楽。

バッハからの差が激しすぎますね。嗚呼、悲しき食欲よ。
しかし、バッハもあくせく教会で馬車馬のように曲を作っては演奏し、ほっこり疲れて帰宅しては、大勢の子供たちがギャーギャー騒ぎ立てる中、灯かりのともったテーブルで、同じようなメニューに舌鼓を打ったに違いあるまいよ。

そんな風にも思ってしまう、地元のまったりした夜でした。
[PR]
by maya-on | 2011-12-15 08:21 | 観る・聴く・読む・感じる | Comments(2)

クリスマス市開幕、これぞ冬。

b0221071_731977.jpg



今週も始まりましたね!月曜日です。(日本ではもう火曜日の朝・・・・。)

昨日、日曜日は第一アドヴェント。
日本語では、「待降節(たいこうせつ)」とか「降臨節(こうりんせつ)」などと言うそうです。
クリスマスから逆算して、4週間前の日曜日からアドヴェントが始まり、クリスマス3週間前の日曜日は第二アドヴェント、その次の日曜日は第三アドヴェント・・・・

ドイツでは、クリスマスリースに四本のキャンドルを立て、アドヴェントが来るたびに新しいキャンドルに火を灯し、4つのキャンドルが全部灯った日曜日が過ぎれば、クリスマス!といった運び。

こちらの人たちが、どれだけクリスマスを心待ちにこの時期を過ごしているのかがうかがえますねぇ。

確かに、この時期の生徒や保護者たちとの会話も、「クリスマスどうされますか?クリスマス休暇はどこかへ旅行へ??」みたいな感じで統一されています(笑)。

そーしーてーー、
第一アドヴェントの直前の木曜日が開幕日、と決まっているこちらカールスルーエでも、Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト・クリスマスマーケット)が始まりました!!

小さなカールスルーエのマルクト広場でも、所狭しと屋台が並び、賑わいを見せていることでしょう・・・。

写真は、私にとって今シーズン最初のグリューワイン!
赤ワインにお砂糖や柑橘類、シナモンやクローブなどのスパイスを加えて温めた、クリスマス市の代名詞ですが、このテラコッタのカップに入っているのは、普通のグリューワインではなく・・・。

グリューワインが入った大鍋の上に穴の空いた橋渡しをして、Zuckerhut(ツッカーフット)という、お砂糖の大きな三角の塊を乗せ、そのお砂糖全体にアルコール度数の高いラム酒をどぼどぼ沁みこませ、点火!!
ラム酒のおかげで盛大にフランベされたお砂糖が、ラムと一緒に溶け、ぽと・・・ぽと・・・・・・と、グリューワインの大鍋の中に落ち、見事なハーモニーを作り出す、グリューワインのスペシャルエディション・Feuerzangenbowle(フォイヤーツァンゲンボウル)という代物でございます。

グリューワインより更に深さがあり、甘みもあり、もちろんアルコール度数も高く、絶品。

写真のFeuerzangenbowleは、週末滞在していたミュンヘン近く、バイエルン地方のIngolstadtで飲みました。ダウンコートを脱ぎ捨てたくなるほど、飲み終わったあとは体ポカポカ!

カールスルーエのクリスマス市は11月24日~12月23日まで毎日開催中。
この時期に来られる方は、屋台KofflerのFeuerzangenbowleを是非♪♪

ここ数週間、雨は降らないのに、日中からものすごく深い霧に町ごとすっぽりと包まれるかのような天気が続く南西ドイツでございます。通勤中にも視界が悪いので、なんだか心なしか、肩こり気味。
加えて生徒の中で風邪が流行っており、移されないようにこちらもピリピリ(笑)

ぼやける視界と冬のウィルスに負けず、安全運転で今週も頑張りましょう。
皆様も良い週を!!
[PR]
by maya-on | 2011-11-29 07:21 | 芋国の日常 | Comments(4)

スタッカート

b0221071_8485110.jpg



週末ですねーーーー!!!!

と、言えども明日(というかすでに今日?)日曜日は、職場の「こどもの音楽会」で休日出勤。
一年のうちで一、二を争う規模のイベントで、村のホールに子供とその保護者(じいちゃん・ばあちゃん率高し)がパンッパンに集まるって言うことで、教師陣(の一部)も気合満々でのぞまなければなりません・・・
我らがピアノクラスからは、(私含め)3人いる教師陣のそれぞれのクラスから選抜された生徒が、まさかの「8手連弾」に挑戦します。
一台のピアノに4人・・・・もはやスペース的に納まってさえいませんが・・・・・両端の二人、鍵盤部分から体が飛び出していて、明らかに弾きにくそうですが・・・・・こうご期待。


さて、音楽院では今週も、寒さに負けず、いたって健康な子供たちが休みなくレッスンに来て、今週も満員御礼071.gif状態でしたが、男の子の割合もけっこう多い。
私のクラスにも、約60人の生徒のうち、15~20人はいるかな?男の子率。

上の写真は、9月から習い始めたMくん。
なかなか飲み込みが早く、性格も素直なので、今のところ調子よく教則本も進んでおりますが、一昨日のレッスンにて、最初の壁が。

音符の下か上にある『点』は、その音を短く切って弾くしるし。
そう、熱~い鉄板の上に間違って指先を置いてしまって、「アチッッ!!!」って指が飛び上がるかんじね~~~。

そうそう、いい感じ、先週より良くなってるね、
・・・んで、この記号の名前は何やったかな???

うんうん、楽譜の記号は、イタリア語で書いてることが多いんよね、そのとおり、

・・・・うん?名前が思い出せない・・・・???

「え~~っと、え~~~っと・・・・・覚えてたんです!さっき家で練習したときは、まだすぐに名前言えたんです!!

何だったかな・・・・・え~~~~っと、え~~~っと・・・・・

ス・・・・

ス・・・・・・・」

最初の文字は合ってるけどね~。
そうそう、これは、「スタッカート」やね。Sは合ってたね!!!

「ああ、そうだ!そうだった!!!それです、

スカッ・・・

ス・・・スカッ・・・・・・・・

スカッ・・・・・・・・・

スカッ・・・・・・・・・・・


あ~~~~もう!!!!!!!!!
言えないよ~~~~~!!!!!!!
なんでイタリア語なのさ~~~~~~!!!!
070.gif


Mくん、もんどり打って絶叫(爆笑)

わかる、なんかループにはまってしまったら言えへんようになる言葉って、あるよね・・・・・!!
でも、「す カッ たーと」じゃないから。「す タッ かーと」やからさ・・・・・!

間違いを重ね、人は学んでゆくものよ。Mくん、ドンマイ!!!
[PR]
by maya-on | 2011-11-20 09:07 | 芋国の日常 | Comments(4)

Herbstferien~秋休み~

b0221071_372546.jpg



寒い、寒いとしきりにつぶやいておりますが、暦の上ではまだまだ秋。

そんな訳で、今日から来週の日曜日まで、バーデン・ヴュルテンベルグ州の小・中・高校は、週末を入れると約10日間の「Herbstferien(秋休み)」に突入いたしました~~~~~っ!!!070.gif070.gif070.gif

新年度(9月)からここまで・・・・約2ヶ月弱だったとはいえ、毎年長い夏休暇(バッチリ6週間)の後の、この2ヶ月が長いんですよ・・・・

やっと・・・・やっと・・・・・・!!!

と言う感じで(オーバー)、音楽院職員も子供と同じく、休暇いただきます!!!

b0221071_3113024.jpg


嗚呼・・・感無量。


(↑数週間前、近所の動物園に散歩に行ったら、このポーズで数十分間微動だにしなかったアザラシ氏(・・・いや、彼はアシカ、か・・・?動物に詳しくないので分からない(汗)それにしても天に向かって、君はなにを思う・・・?)


休暇の最初は、某合唱団のコンサート・伴奏の仕事でブラームス漬けプログラムの本番があるのですが、その仕事が終わったら、この暗く寒い芋国から、ちょっくら太陽の光を浴びに数日間とある所に高飛びしよう、という事になっています。

ふっふっふ、楽しみ・・・・・

さて、私は何処へ行くでしょう?

ヒント。
1. 芋国よりも暖かい。
2. 芋国よりも食べ物が美味しい。
3. 芋国よりも人が朗らか。
4. 芋国よりもカワイイ物が多くショッピングが楽しい。

さあ、どしどしコメント欄に予想国を入れてみてください。

正解は、次の記事にて037.gif
それでは4~5日ほど行ってまいります!

皆様も良い週末を♪
[PR]
by maya-on | 2011-10-30 03:20 | 芋国の日常 | Comments(12)